スポンサーリンク

鴨の治部煮(じぶに)の作り方【治部煮の語源、由来とは】

【鴨の治部煮(じぶに)の作り方】今回は鴨肉をスライスしたあとに、うすく粉をまぶしてさっと煮る「治部煮」をご紹介したいと思いますので煮物作りにお役立てください。また、治部煮の語源につきましては記事下部に掲載しておりますので、そちらも参考にしていただければ幸いです。

伽羅煮(きゃらに)語源、由来とは【煮物の料理用語集】

伽羅煮(きゃらに)とは、ふき、ごぼう、椎茸などの材料を醤油で濃い味の佃煮(つくだに)風に仕上げた料理のことです。【伽羅煮の語源】煮上がりの色が醤油できゃら色(香木の伽羅のような濃い茶色)になるところからこの名があります。【伽羅煮の特徴と用途】きゃら色を出すために醤油を煮汁に多く使いますので保存性が高く、焼き物のあしらいや少量を前菜に用いたります。

鰹蓋(かつおぶた)の意味とは【和食の煮物 料理用語集】

鰹蓋(かつおぶた)とは、かつお節の旨味を加える場合に削りがつおをガーゼやキッチンペーパーに包んで材料にかぶせ、落とし蓋のようにして煮出す調理法で、たけのこや里芋を煮るときに多く使います。また、削りがつおをふんだんに使った煮物を「大名煮」といい、蓮芋(はすいも)や白ずいきなど、持ち味が淡白な食材で作ります。

かぼちゃを煮くずれさせない煮物の作り方【八方だし煮物レシピ】

今回は【かぼちゃの色出し煮】をご紹介したいと思います。かぼちゃの煮物は煮くずれするから難しいと思われがちですが、下ゆでしたあとに冷たい煮汁に浸して味を含ませると煮くずれることはなく、鮮やかな緑色の煮物はこの方法で作っていますので参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク