うすい豆(えんどう)を色よく煮る方法【ひすい煮の作り方】

えんどう豆のひすい煮(色出し煮)

今回は、えんどう豆(うすい豆)を色良くに煮る「ひすい煮」をご紹介したいと思います。

この「ひすい煮」は小鉢や先付け、前菜の猪口(ちょこ)に入れるなどに使え、豆ご飯の仕上げ飾りとしても重宝しますのでお役立てください。

スポンサーリンク

えんどう(うすい豆)のひすい煮の作り方と調味料割合

ひすい煮(色出し煮)の作り方

【1】最初に、さやから取り出した豆に塩をふりかけ、よくもんでください。

■ 塩もみをすると皮に傷がつき、豆をゆでたあと、袋の中が真空状態になりませんので、しわがよりにくくなります。

【2】次に、豆を塩とともに湯に入れてやわらかくゆで、少しずつ水を出した水道でさらしてください。

※ このとき、温度を一気に下げると皮にしわがよりますので注意してください。

下ゆで方法の詳しい内容につきましては≫「えんどう豆の下ゆで3つのコツ【しわ】をよせないポイント」に掲載しております。

【3】そして、ひすい色に仕上げるため、豆の薄皮をむいてください。

煮汁の割合

(えんどう豆、250g~300g)

だし 600㏄
100㏄
みりん 大さじ3
砂糖 大さじ1
薄口醤油 小さじ1
小さじ1/2

味をつける工程

【4】上記分量の煮汁をひと煮立ちさせ、豆を入れたあと、再度煮立ったところで火からおろしてください。

【5】そして、鍋底を氷水、または冷水にあてながら手早くさまし、半日ていど味をなじませると「ひすい煮」の完成です。

■ しょうがの風味を加える場合は、仕上げにしぼり汁を少量入れる、または針しょうがを最後に盛りつけてください。

「盛りつけ例」

今回は、ひすい煮をご紹介いたしましたが、煮汁を多めに作って水溶きした「くず粉」でとろみをつけると「吉野煮」が作れますので参考にしてください。

えんどう豆の下ゆで方法3つのコツ

ひすい煮とは

ひすい煮とは、豆をひすい色に煮ることから、この名がついています。

■ 他の煮物用語につきましては≫「煮物の語源、意味、由来一覧」に掲載しております。

【煮物の料理用語集50音一覧】今回は煮物の語源、意味、由来などを料理別50音順に整理いたしましたので、和食調理や煮物の献立の参考にされてはいかがでしょうか。■各煮物や調理法に移動いたします。

たれ、煮汁割合50音一覧

八方だしを使った煮物一覧

食材の下ごしらえ一覧

野菜の煮物レシピ一覧

魚介の煮物レシピ一覧

肉類の煮物レシピ一覧

【参考】

季節別~旬の食材一覧表

煮物に役立つ飾り切り一覧

和食の調味料割合と配合一覧

料理別~煮汁の割合と配合一覧表

料理作りにお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報