追い鰹(おいがつお)の意味とは【和食の煮物用語集】

スポンサーリンク


和食の手法、追い鰹(おいがつお)

和食の煮物、料理用語集

追い鰹(おいがつお)とは

料理にかつお節の旨味を加える調理法で、たけのこ、里芋などの煮物や天だし、めんつゆに多く使います。

追いがつおの方法2つ

野菜の煮物の場合

野菜は調味だしで煮ることが多いですが、旨味を加えるためにけずり節をガーゼ、または木綿袋で包んで材料のわきに入れたり、落としぶたのようにおおって煮出してください。

かつおぶたの方法を見る

【関連】

かつお節をふんだんに使う煮物

大名煮(だいみょうに)とは

みそ汁や天だしの場合

「みそ汁の場合」

■ みそを溶いだあと削り節を入れて、ざるで静かに漉してください。

「天だしや麺つゆの場合」

■ だしが沸騰しないていどに温度を上げ、削り節を入れたあとキッチンペーパーやネル生地で静かに漉してください。

※ みそ汁のときは、みその粒がなくなりますので、キッチンペーパー等は使わないでください。

そして、みそ汁は「だし」が澄んでいませんので、細かい削り節は見えませんから、ざるを通すだけで大丈夫です。

【料理用語関連】

【煮物の料理用語集50音一覧】今回は煮物の語源、意味、由来などを料理別50音順に整理いたしましたので、和食調理や煮物の献立の参考にされてはいかがでしょうか。

煮汁の割合50音一覧を見る

刺身の種類と造りの名称一覧

焼き物関連、串の打ち方一覧

焼き物用語集、語源、由来一覧

蒸し物用語集、語源、由来一覧

揚げ物用語集、語源、由来一覧

料理の献立用語集、語源、意味一覧

料理の雑学、豆知識一覧へ

料理用語関連【あ段~わ段】

」 「」 「」 「」 「

」 「」 「」 「」 「

≫「料理の語源、豆知識 50音一覧

和食の献立集、煮物一覧を見る

今回は追い鰹をご紹介いたしました。

他の料理用語や語源につきましては≫「煮物の【語源、意味、由来】料理用語一覧」に掲載しておりますのでお役立てください。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報