煮物の語源、意味、由来一覧

スポンサーリンク

鰹蓋(かつおぶた)の意味とは【和食の煮物 料理用語集】

鰹蓋(かつおぶた)とは、かつお節の旨味を加える場合に削りがつおをガーゼやキッチンペーパーに包んで材料にかぶせ、落とし蓋のようにして煮出す調理法で、たけのこや里芋を煮るときに多く使います。また、削りがつおをふんだんに使った煮物を「大名煮」といい、蓮芋(はすいも)や白ずいきなど、持ち味が淡白な食材で作ります。

追い鰹(おいがつお)の意味とは【和食の煮物用語集】

追い鰹(おいがつお)とは、料理にかつお節の旨味を加える調理法で、たけのこ、里芋などの煮物や天だし、めんつゆに多く使います。追いがつおの方法2つ、野菜は調味だしで煮ることが多いですが、煮汁に旨味を加えるため、けずり節をガーゼ、または木綿袋で包んで材料のわきに入れたり、落としぶたのようにおおって煮出してください。

煮抜き玉子(にぬきたまご)とは【和食の煮物 料理用語集】

煮抜き玉子とは、ゆで玉子の別名で、一般には「煮抜き」と書くことから、完全に火を通した状態をさす場合が多く、半熟玉子とは区別して使う言葉です。※完全に火が通っていない「ゆで玉子」を煮抜きという場合もありますので、必ずしも間違いという訳ではありませんが「半熟の煮抜き玉子」という表現は、あまりしませんので注意してください。

鳴門煮(なるとに)の語源、由来とは【煮物の料理用語集】

鳴門煮(なるとに)とは、鳴門海きょうのうず潮に見立てた煮物につける名称で、形がうず巻き状になるように仕立てます。魚肉ねり製品の「なると」と同じ意味の料理名で、煮物の他に鳴門造り、鳴門焼き、鳴門蒸し、鳴門揚げなどがあります。また、鳴門地方が「わかめ」の特産地ということから、わかめを使った料理にこの名を使う場合もあります。

信田煮(しのだに)の語源、由来【和食の煮物 料理用語集】

しのだ煮とは、油揚げを使った煮物につける名称で、きつねうどんを「しのだうどん」、いなり寿司を「しのだ寿司」ということもあります。信田、信太(しのだ)とは、きつねの好物が油揚げという言い伝えから、油揚げを使う料理全般につける名称で、この名の由来は葛の葉ぎつねの伝説で有名な「信太の森(現在の大阪府)」からきています。

がめ煮の意味とは【和食の献立】煮物料理の用語集

筑前煮(ちくぜんに)の別名で、福岡県の郷土料理です。この料理は昔、鶏のかわりにスッポンを使ったとされ、朝鮮出兵時のさい、豊臣秀吉軍が博多付近の入り江に住むスッポンを野菜と一緒に煮たのが始まりという説があります。そして、この地方でスッポンを「がめ」ということから「がめ煮」の名がつけられたといわれています。

スポンサーリンク