東寺餡(とうじあん)の意味とは【和食の煮物 料理用語集】

料理の語源、意味、由来

海老のたけのこ包み,三つ葉,わさび,えびすり身まんじゅう東寺あん,蓋物,温物,春の蒸し物の献立

【東寺餡(とうじあん)の意味】

スポンサーリンク

和食の煮物、料理用語集

東寺餡(とうじあん)とは

あんかけ料理に使う「餡(あん)」の一種で、銀餡(ぎんあん)や鼈甲餡(べっこうあん)に湯葉(ゆば)を加えたものです。

東寺(とうじ)とは

湯葉の別名として使われる言葉で、京都の東寺(教王護国寺)で作られたことからこの名があり、湯葉料理の総称としても多く使用されています。

(例)

東寺煮東寺焼き

東寺蒸し東寺揚げなど

【関連】

銀餡(ぎんあん)の意味とは

鼈甲餡(べっこうあん)とは

共餡(ともあん)とは

調味料割合と配合一覧を見る

料理別の簡単な調味料割合一覧表へ

煮物の語源、意味、由来

【煮物の料理用語集50音一覧】今回は煮物に関連した「語源、意味、由来」などを料理別に整理いたしましたので、煮物の献立や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。■各煮物や調理法に移動いたします。

【他の料理用語集】

和食の献立用語集一覧

献立別の料理用語集まとめ

【語源、意味、由来一覧を見る】

料理の雑学、豆知識一覧

料理の語源、意味、由来50音順一覧へ

【和食の献立集】

煮物の献立一覧を見る

季節別、旬の食材一覧表へ

煮物や他の料理に使える飾り切りにつきましては≫「和食でよく使う飾り切り方法【100選】基本手順と切り方のコツ!」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク