佃煮(つくだに)の語源、由来【和食の煮物 料理用語集】

スポンサーリンク


「佃煮(つくだに)の意味」

和食の煮物、料理用語集

佃煮(つくだに)とは

長期保存を目的とした煮物の総称で、野菜や魚介類を醤油、みりん、砂糖、酒等で甘辛く煮しめた料理のことです。

※ 当分の間、保存する煮物を「当座煮」といいます。

当座煮(とうざに)の詳しい内容

つくだ煮の語源、由来

徳川家康が江戸時代に摂津(関西)から漁師を佃島(東京)に移住させました。

そして、その漁師たちが使いづらい小魚を煮つめて惣菜にした「漁師料理」が始まりとされ、それがやがて江戸から全国に広がったものといわれています。

煮汁の割合50音一覧を見る

【料理用語関連】

刺身の手法と造りの名称一覧

焼き物の串打ち手法と名称一覧

焼き物用語集、語源、由来一覧

蒸し物用語集、語源、由来一覧

揚げ物用語集、語源、由来一覧

和食の献立用語集一覧

【煮物の料理用語集50音一覧】今回は煮物の語源、意味、由来などを料理別50音順に整理いたしましたので、和食調理や煮物の献立の参考にされてはいかがでしょうか。

料理の雑学、豆知識一覧

【あ段~わ段】

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】

【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】

料理用語集 50音検索一覧

【和食の献立集】

煮物一覧を見る

野菜の飾り切り100選へ

他の料理用語につきましては≫「煮物の語源、意味、由来一覧」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報