伽羅煮(きゃらに)語源、由来とは【煮物の料理用語集】

伽羅煮(きゃらに)の意味

スポンサーリンク

和食の煮物、料理用語集

伽羅煮(きゃらに)とは

ふき、ごぼう、うど、椎茸などの材料を醤油で濃い味の佃煮(つくだに)風に仕上げた料理のことです。

うどの皮できゃら煮を作る方法,木の芽を添えた盛り付け例

食材を無駄なく使う方法

【うどの皮を使ったきゃら煮の作り方】

伽羅煮の語源

煮上がりの色が醤油できゃら色(香木の伽羅のような濃い茶色)になるところからこの名があります。

伽羅煮の特徴と用途

きゃら色を出すために醤油を煮汁に多く使いますので保存性が高く、焼き物のあしらいや少量を前菜に用いたります。

あしらいの意味とは

調味料割合と配合一覧を見る

料理別の簡単な調味料割合一覧表へ

煮物の語源、意味、由来

【煮物の料理用語集50音一覧】今回は煮物に関連した「語源、意味、由来」などを料理別に整理いたしましたので、煮物の献立や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。■各煮物や調理法に移動いたします。

【他の料理用語集】

和食の献立用語集一覧

献立別の料理用語集まとめ

【語源、意味、由来一覧を見る】

料理の雑学、豆知識一覧

料理の語源、意味、由来50音順一覧へ

【和食の献立集】

煮物一覧を見る

季節別、旬の食材一覧表へ

煮物や他の料理に使える飾り切りにつきましては≫「和食でよく使う飾り切り方法【100選】基本手順と切り方のコツ!」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク