炒め煮の金平(きんぴら)とは【煮物の語源、由来】料理用語集

スポンサーリンク


「金平(きんぴら)」の語源、由来

和食の煮物、料理用語集

金平(きんぴら)とは

牛蒡(ごぼう)、蓮根、大根、独活(うど)などを油で炒めながら酒、醤油、砂糖、みりん等で味つけして煮詰めた「炒め煮」のことで、仕上げに唐辛子を振り混ぜてピリリとした辛さを加えます。

金平の語源、由来

仕上げに振り混ぜる唐辛子の辛味を、江戸時代の初期に流行した金平浄瑠璃(きんぴらじょうるり)の主人公「金平」の剛勇さになぞらえたことから、この名がついたといわれています。

蓮根のきんぴらレシピと煮汁割合

煮物に使える野菜の切り方とコツ

【料理用語関連】

【煮物の料理用語集50音一覧】今回は煮物の語源、意味、由来などを料理別50音順に整理いたしましたので、和食調理や煮物の献立の参考にされてはいかがでしょうか。

煮汁の割合50音一覧を見る

刺身の種類と造りの名称一覧

焼き物関連、串の打ち方一覧

焼き物用語集、語源、由来一覧

蒸し物用語集、語源、由来一覧

揚げ物用語集、語源、由来一覧

料理の献立用語集、語源、意味一覧

料理の雑学、豆知識一覧へ

料理用語関連【あ段~わ段】

」 「」 「」 「」 「

」 「」 「」 「」 「

≫「料理の語源、豆知識 50音一覧

和食の献立集、煮物一覧を見る

今回は金平をご紹介いたしました。

他の料理用語や語源につきましては≫「煮物の【語源、意味、由来】料理用語一覧」に掲載しておりますのでお役立てください。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報