ごまを使った利久煮(りきゅうに)の語源、由来【和食の煮物用語集】

「利久煮(りきゅうに)の意味」

スポンサーリンク

和食の煮物、料理用語集

利久煮(りきゅうに)とは

胡麻(ごま)を使った煮物につける名称です。

利久とは

安土桃山時代の茶人である「千利休(せんのりきゅう)1522~1591」が料理に胡麻をよく使ったことからつけられたとされ、休の字を忌み嫌って「久」が当てられています。

そして、煮物の他にも利久揚げ利久焼き利久あんなどがあり、櫛(くし)をかたどって半月切りよりも幅を狭くした切り方を「利久切り、または利久形」といいます。

調味料割合と配合一覧を見る

料理別の簡単な調味料割合一覧表へ

煮物の語源、意味、由来

【煮物の料理用語集50音一覧】今回は煮物の語源、意味、由来などを料理別50音順に整理いたしましたので、和食調理や煮物の献立の参考にされてはいかがでしょうか。■各煮物や調理法に移動いたします。

【他の料理用語集】

和食の献立用語集一覧

献立別の料理用語集まとめ

【語源、意味、由来一覧を見る】

料理の雑学、豆知識一覧

料理の語源、意味、由来50音順一覧へ

【和食の献立集】

煮物一覧を見る

季節別、旬の食材一覧表へ

煮物や他の料理に使える飾り切りにつきましては≫「和食でよく使う飾り切り方法【100選】基本手順と切り方のコツ!」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク