さつま芋の蜜煮(みつに)の作り方とシロップ割合

さつま芋の蜜煮(みつに)

今回は、さつま芋をシロップで煮る基本方法と調味料割合をご紹介したいと思いますので、前菜の献立やあしらいの参考にされてはいかがでしょうか。

【あしらいの意味とは】

スポンサーリンク

さつま芋の煮物レシピ、蜜煮の作り方とシロップ割合

下処理の工程

【1】最初に、厚さ1.5㎝の輪切りにしたさつま芋の角を面取りして、水に浸してください。

■ 芋のアクで色が黒くなる場合は、水にミョウバンを加えた「ミョウバン水」に浸したあと、真水で洗ってください。

※ ミョウバン水に浸す時間が長いと芋がかたくなりますので気をつけてください。

【2】次に、芋と水を鍋に入れ、つぶしたくちなしの実を加えて、串がスッと通るやわらかさまで水からゆでてください。

加熱時間の目安は、芋が湯の中で少し動く程度の温度(約90℃)で20~25分程度です。

くちなしの実を使ったさつま芋の色付け,丸十の蜜煮

■ くちなしの実の目安分量は水1000㏄に対して2個程度です。

※ うすい黄色をつける場合は1個で大丈夫です。

【3】そして、ゆであがった芋を水にさらしたあと、水気をきってください。

■ 芋を蒸し器に約5分間入れて、取り出したあとの熱を利用すると余分な水気が飛びます。

注:蒸し器の蓋を開けるさいは、高温の蒸気が一気に吹き出ますのでヤケドをしないように十分注意してください。

芋を煮る工程

【シロップの割合】

600㏄
砂糖 200g
レモン汁 小さじ1/4杯

【4】鍋にシロップの水と砂糖を合わせてひと煮立ちさせ、芋を加えて弱火(85℃~90℃の火加減)で5~6分間煮てください。

「温度の目安」

■ 火を弱めて芋がシロップの中で動かなくなる温度が約85℃です。

さつま芋の蜜煮,丸十

注:芋を鍋に入れるさいはヤケドをしないように気をつけてください。

【5】最後に、レモン汁を加えて火を止め、そのまま冷まして味を含ませると完成です。

さつまいもの蜜煮,薩摩芋のレモン煮

■ 煮物は汁が冷める段階で材料の水分が外に出ていき、食材の中に煮汁の味が入ります。

また、仕上げにレモンの果肉を加えて酸味をしっかりとつけるとレモン煮が作れますので参考にされてはいかがでしょうか。

※ 皮は苦味が出ますので、むいてから鍋に加えてください。

【関連】

栗の甘露煮の作り方と割合

栗の渋皮煮の作り方と割合

栗の甘露煮とくりの渋皮煮,秋の甘味の献立

くわいに関連した料理内容を見る

野菜の煮物一覧を見る

今回は本サイトや姉妹ブログでご紹介しております調味料割合を50音順に整理いたしましたので、料理作りの参考にされてはいかがでしょうか。和食の煮汁(だし、たれ)調味料割合と配合集50音一覧 ■各割合に移動いたします。

煮物の献立一覧を見る

秋の料理関連一覧を見る

冬の料理関連一覧を見る

今回は、さつま芋の蜜煮をご紹介いたしました。

他のレシピにつきましては≫「本サイトの料理内容一覧」に掲載しておりますのでお役立ていただければ幸いです。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク