具足煮(ぐそくに)の語源、由来【和食の煮物 料理用語集】

スポンサーリンク


「具足煮(ぐそくに)の意味」

和食の煮物、料理用語集

具足煮(ぐそくに)とは

海老や、かになどを殻付きのまま煮た料理のことで、そのままでは大きい伊勢海老やカニをぶつ切り、筒切り、なし割りにしてから煮ます。

■ 梨割りとは、縦2つに切り分けることです。

具足「ぐそく」

具足とは甲冑(かっちゅう)や簡略な鎧兜(よろいかぶと)のことで、殻を具足にたとえた料理に、この名が使われます。

(例)具足焼き、具足蒸しなど

【料理用語関連】

【煮物の料理用語集50音一覧】今回は煮物の語源、意味、由来などを料理別50音順に整理いたしましたので、和食調理や煮物の献立の参考にされてはいかがでしょうか。

煮汁の割合50音一覧を見る

刺身の種類と造りの名称一覧

焼き物関連、串の打ち方一覧

焼き物用語集、語源、由来一覧

蒸し物用語集、語源、由来一覧

揚げ物用語集、語源、由来一覧

料理の献立用語集、語源、意味一覧

料理の雑学、豆知識一覧へ

料理用語関連【あ段~わ段】

」 「」 「」 「」 「

」 「」 「」 「」 「

≫「料理の語源、豆知識 50音一覧

和食の献立集、煮物一覧を見る

今回は具足煮をご紹介いたしました。

他の料理用語や語源につきましては≫「煮物の【語源、意味、由来】料理用語一覧」に掲載しておりますのでお役立てください。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報