香梅煮(こうばいに)の意味【和食の煮物 料理用語集】

スポンサーリンク


煮物の語源、意味一覧

香梅煮(こうばいに)とは

和食の煮物、料理用語集

香梅煮(こうばいに)

材料に梅の香りをつけて煮る料理のことで、おせち料理に入っている梅型の人参が有名です。

そして、日本料理の献立では「紅梅煮」と書くこともありますが、この場合は人参などの赤い食材を梅型に切ったり、長芋、大根などを梅肉や梅酢で赤く染めたときに使います。

■ 白い食材を、赤く染めずに煮た場合は「白梅煮」と書きます。

「他の紅梅がつくもの」

もち菓子の一種で、上新粉に砂糖を混ぜて梅の花をかたどったものを「紅梅もち」といい「紅梅かん」は梅ようかんの別名として使われます。

また、東京都の浅草名物「紅梅焼き」は梅や扇の形をした焼きせんべいのことで、こちらは浅草観音けいだいの「紅梅の下」で売っていたことから、この名がついています。

【関連】

梅人参の切り方とねじり梅の方法

うめ,梅人参,ねじり梅,飾り切り

羊羹(ようかん)の語源、意味、由来

ようかん,羊羹

【料理用語関連】

【煮物の料理用語集50音一覧】今回は煮物の語源、意味、由来などを料理別50音順に整理いたしましたので、和食調理や煮物の献立の参考にされてはいかがでしょうか。

煮汁の割合50音一覧を見る

刺身の種類と造りの名称一覧

焼き物関連、串の打ち方一覧

焼き物用語集、語源、由来一覧

蒸し物用語集、語源、由来一覧

揚げ物用語集、語源、由来一覧

料理の献立用語集、語源、意味一覧

料理の雑学、豆知識一覧へ

料理用語関連【あ段~わ段】

」 「」 「」 「」 「

」 「」 「」 「」 「

≫「料理の語源、豆知識 50音一覧

和食の献立集、煮物一覧を見る

今回は香梅煮をご紹介いたしました。

他の料理用語や語源につきましては≫「煮物の【語源、意味、由来】料理用語一覧」に掲載しておりますのでお役立てください。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報