煮魚の作り方手順【白身魚をあっさりと煮る方法と煮汁割合】

【白身魚のあっさり煮】

今回は、皮はぎをあっさりと煮る手順をご紹介したいと思いますので、煮物の献立和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

煮魚の作り方手順

茶懐石料理冬のたき合わせ,皮はぎのあっさり煮

白身魚をあっさりと煮る方法

【材料】

骨付きの皮はぎ、椎茸、水菜

白ねぎの青い部分、しょうが

「作り方手順」

【1】最初に、骨ごとぶつ切りにした皮はぎを霜降りしてください。

霜降り手順につきましては≫「魚の霜降り方法と注意点!煮魚を美味しく作るための下処理」に掲載しております。

【2】次に、しょうがをスライスして椎茸の軸を切り取り、白ねぎの青くてかたい部分を用意してください。

【3】そして、煮魚の合わせ調味料を作ってください。

【煮汁の調味料割合】

だし
うす口醤油

■ 上記の分量を同じお玉で順番にはかって、そのまま混ぜてください。

※ 煮汁に甘味をおぎなう場合は「砂糖」または「みりん」を加えてください。

【4】このあと【3】の合わせ調味料をひと煮立ちさせ、皮はぎ、しょうが、白ねぎの青い部分を入れてください。

皮はぎのあっさりとした煮物

■ 白ねぎの青い部分を入れると、煮汁に香りと甘味が加わり、生臭さをおさえられます。

【5】そして、煮汁を2割ていど煮つめて椎茸を加え、サッと火を通してください。

かわはぎの煮物

【6】最後に、皮はぎ、椎茸、水菜を盛りつけると完成です。

冬のたき合わせ,皮はぎのあっさり煮

■ 写真の水菜は下ゆでしてから吸い物だしに浸けたものですが、約3㎝に切って煮汁でサッと火を通しても大丈夫です。

【関連】

今回は煮魚の基本手順と色々な魚に使える万能煮汁をご紹介したいと思いますので、料理作りの参考にされてはいかがでしょうか。【1】魚を熱湯に通してウロコを取りのぞく【2】酒と水に魚を入れ、しょうがを加えて火にかける【3】砂糖を加えて煮る【4】さらに醤油を加える【5】仕上げにみりんで照りを出すと完成です。
【煮魚を美味しくする下ごしらえ】 今回は煮魚を美味しく作るために必要な「霜降り」の手順をご紹介したいと思いますので、料理作りにお役立てください。 煮魚を美味しく作る下処理 魚の霜降り方法、手順 【1...

今回は白身魚の煮物をご紹介いたしました。

他のレシピにつきましては「魚介の煮物レシピ関連一覧」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク