お玉を使って煮汁を簡単に作る【ぶりと白菜の煮物の作り方】

【鰤(ぶり)と白菜の煮物】

今回は、ぶりと白菜を合わせ調味料で煮るときに、煮汁を簡単に作る手順をご紹介したいと思いますので、料理作りの参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

冬の煮物レシピ

ぶりかまと白菜の煮物

「作り方手順」

下処理の工程

【1】最初に、ぶりのかまを大きめの一口大に切り分けて、霜降りをしてください。

ぶりのかまの霜降り方法と手順

【関連】

魚の霜降り手順

【2】次に、白菜を大きめの一口大に切ってください。

■ 白菜は煮るとしんなりしますので、ざく切りで大丈夫です。

【3】そして、お玉じゃくしを使って合わせ調味料をはかってください。

【調味料の割合】

だし 12
みりん
うす口醤油

■ 上記の割合を順番に鍋に入れ、味がうすい場合は塩少量を加えてください。

煮汁の簡単な作り方

ボールや寸胴鍋に入れた「だし」を、お玉で12杯すくって鍋に入れ、酒、みりん、醤油をそれぞれ1杯ずつ加えると完了です。

ご家庭で粉末のかつおだしを使って煮汁を作る場合

粉末だしのときは、お玉1杯に入る水の分量を先にはかっておき、各商品に表示されている粉末の量を加えてください。

(例)

80㏄のお玉を使う場合のだし分量

■ 80㏄ × 12杯 = 960㏄

上記の杯数を、お玉ですくい取ると表面張力の影響で1杯が80㏄よりも少し多く入りますから全体で約1000㏄になります。

したがって、粉末だしは水1000㏄に対しての量を加えると「だし」が作れますので参考にしてください。

材料を煮る工程

【4】このあと、ひと煮立ちさせた鍋にうろこを取ったぶりを入れ、落とし蓋をして約5分間煮たところに白菜を加えて、さらに5分間煮てください。

【5】そして、火を止めた鍋をそのまま冷まして、材料に味をなじませてください。

仕上げの工程

【6】最後に、もう一度温めて細く切ったゆずの皮と塩ゆでした青味野菜を添えると完成です。

ぶりと白菜の煮物,絹さやと針ゆず

今回の青味野菜は絹さやを使用しておりますが、菊菜、いんげん等も使えます。

針ゆずの切り方手順を見る

【関連】

【ぶりと大根の煮物レシピ】今回は、お玉1本で調味料をはかる【ぶり大根の手順と割合】をご紹介したいと思いますので、煮物の献立や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。
水から30分間煮る【ぶり大根】今回は、ぶり大根を煮る工程とだしを取る手順を一緒に行う方法をご紹介したいと思いますので、煮物の献立作成や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。
【大根と人参の皮を使ったきんぴら】今回は大根と人参の皮に、ちりめんじゃこの旨味を加えた炒め煮をご紹介したいと思いますので、まかない料理の参考にされてはいかがでしょうか。関連【金平(きんぴら)の語源、由来とは】
今回は、だしを取らずに水から鯛かぶらを煮る方法をご紹介したいと思いますので、煮物の献立作成や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。水に材料と調味料を入れて煮る鯛蕪の作り方
今回は冬の煮物に関連した料理内容をご紹介したいと思います。【関連】調味料割合につきましては≫「和食の煮汁(だし、たれ)調味料割合と配合50音順一覧」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

煮魚が難しいと思われる

【3つの原因と簡単な対処方法】

今回は、ぶりと白菜の煮物をご紹介いたしました。

他の煮物につきましては≫「魚介類の煮物レシピ一覧」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク