鍋止め、鍋留め(なべどめ)の意味,日本料理【和食の煮物用語集】

スポンサーリンク


鍋止め、鍋留め(なべどめ)の意味

和食の煮物、料理用語集

「鍋どめ」とは

煮物を作るときに使う調理法のひとつで、煮上がった後さらに味をなじませるために、そのままの状態で中に材料を入れておくことをいいます。

また、長時間煮ると煮崩れする場合などは、煮ている途中に一旦火を止めることもあり、どちらも味をなじませる目的で使用します。

【料理用語関連】

【煮物の料理用語集50音一覧】今回は煮物の語源、意味、由来などを料理別50音順に整理いたしましたので、和食調理や煮物の献立の参考にされてはいかがでしょうか。

煮汁の割合50音一覧を見る

刺身の種類と造りの名称一覧

焼き物関連、串の打ち方一覧

焼き物用語、語源、由来一覧

蒸し物用語、語源、由来一覧

揚げ物用語、語源、由来一覧

料理の献立用語集、語源、意味一覧

料理の雑学、豆知識一覧

料理用語関連【あ段~わ段】

」 「」 「」 「」 「

」 「」 「」 「」 「

≫「料理の語源、豆知識 50音一覧

和食の献立集、煮物一覧を見る

今回は鍋止めの意味をご紹介いたしました。

他の料理用語や語源につきましては≫「煮物の【語源、意味、由来】料理用語集一覧」に掲載しておりますのでお役立てください。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報