牛肉と焼き豆腐の煮物レシピ【割合で簡単に煮る方法】

牛肉と焼き豆腐の煮物

今回は牛肉のうす切りと焼き豆腐を「合わせ調味料」でさっと煮る手順をご紹介したいと思いますので、たき合わせや鍋料理の参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

肉類の煮物レシピ【肉豆腐の作り方と調味料割合】

豆腐の下処理工程

【1】最初に、水切りした木綿豆腐の両面をガスバーナーであぶって焼き色をつけてください。

市販の焼き豆腐を使う場合は、あぶる工程を飛ばして、食べやすい大きさに切り分けてください。

牛肉の下処理工程

【2】次に、牛のうす切り肉を7~8㎝に切り分けて、湯にさっと通してください。(霜降り

煮汁を作る工程

【3】だしに、酒、みりん、うす口醤油、砂糖を加えて煮汁を作ってください。

煮汁の割合

だし 360㏄(12)
 30㏄ (1)
みりん  30㏄ (1)
うす口醤油  30㏄ (1)
砂糖 小さじ1杯(適量)

■ ( )内の数字は比率です。

※ お惣菜や御飯のおかずとして使う場合は味が若干うすいですので、だしを300㏄にしてください。また、煮汁の濃さは他の場合も「だし」の分量を変化させると簡単に調節できます。

豆腐と肉を煮る工程

【4】焼き豆腐を入れた鍋に煮汁を加えて火にかけてください。

牛肉と焼き豆腐の煮物レシピ,豆腐と煮汁を鍋に入れる工程

【5】そして、ひと煮立ちさせて牛肉を加え、再度煮立たせてアクを取り除いたあと、素早く火を止めてください。

牛肉と焼き豆腐の煮物レシピ,牛肉を入れる工程

↓↓↓

牛肉は加熱時間が長いとかたくなりますので気をつけてください。

【6】最後に、2つの材料を煮汁に浸した状態で常温まで冷ますと味が中まで染み込みます。

牛肉と焼き豆腐の煮物レシピ,煮上がり写真

【盛りつけ例】

「3人分」

牛肉と焼き豆腐の煮物レシピ,作り方と調味料割合

「1人前のたき合わせ」

牛肉と焼き豆腐の煮物の作り方手順,盛りつけ例

写真の鹿の子椎茸と南瓜は、ゆでて火を通したあと、同じ割合の煮汁に約1時間浸して味を含ませております。

また、鍋料理として使う場合は、具を煮汁ごと土鍋や紙鍋に入れて温める程度に加熱すると、会席料理の煮物がわりや小鍋仕立てに使用できますので参考にされてはいかがでしょうか。

牛肉と焼き豆腐の紙鍋,小鍋仕立ての献立

【関連】

今回は肉類の煮物に関連した料理内容を集めましたので、和食調理や献立作成の参考にされてはいかがでしょうか。煮物の作り方とコツ、肉類関連の料理内容一覧【鶏、鴨、豚、牛】■各料理内容に移動いたします。

肉類の煮物レシピ一覧

肉料理の関連一覧

親子丼の簡単な下ごしらえ、今回は親子丼の鶏肉に下味をつける簡単な方法をご紹介したいと思います。この下ごしらえは私自身が追いまわしの頃に教えていただいた方法ですので参考にされてはいかがでしょうか。

豚の角煮を圧力鍋で作る方法

【豚肉のサッと煮レシピ】今回は豚のうす切り肉を短時間でやわらかく煮る方法とコツをご紹介したいと思いますので、煮物作りや和食調理などにお役立てください。

鶏肉の柳川鍋レシピ

今回は鶏肉にくず粉や片栗粉をうすくまぶしてさっと煮る【治部煮】をご紹介したいと思います。また、治部煮の語源につきましては記事下部に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。冬が旬の鶏肉を使った煮物、鶏の治部煮(じぶに)の作り方

食材の下ごしらえ一覧

野菜の煮物レシピ一覧

魚介の煮物レシピ一覧

【参考】

煮物に役立つ飾り切り一覧

料理別の簡単な調味料割合一覧表

今回は、牛肉と焼き豆腐の煮物をご紹介いたしました。

他のレシピにつきましては≫「本サイトの料理内容一覧」に掲載しておりますのでお役立ていただければ幸いです。次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク