いわしを骨までやわらかく煮る簡単な作り方と割合【香梅煮】

スポンサーリンク


「鰯(いわし)の香梅煮」

今回は梅干しを使ったいわしの香梅煮をご紹介したいと思いますので、和食の献立にお役立てください。

魚介の煮物レシピ

いわしの香梅煮、作り方とコツ

「作り方手順」

【1】最初に約10㎝のいわしを用意してください。

■ 10㎝以上のいわしを骨までやわらかく煮るときは時間がかかりますので、小ぶりの魚を準備してください。

そして、頭、内臓、うろこを取りのぞき、水洗いしてください。

【2】次に熱湯でいわしを霜降りしてください。

■ いわしの皮は湯に通すと大変はがれやすくなりますので丁寧に作業してください。

※ 皮がはがれてしまう場合はボールにザルを重ねて、ザルにいわしを並べたあと、熱湯を注ぎ入れてください。そして、静かにゆらしてからザルを引き上げると簡単にできます。

【関連】

⇒「魚の霜降り手順はこちらです

【3】いわしを鍋に並べて水、酒、梅干し、土しょうがを加え、火にかけてください。

いわし,香梅煮,鰯,img_5133

「煮汁の割合」

濃口醤油
みりん
砂糖 0.5
梅干し 適量
土しょうが 適量

■ この割合を同じ大きさの玉じゃくしではかると手早く調理できます。

※ 砂糖は重さではなく、お玉の半量を目安に加えてください。

【4】このあと、ひと煮立ちさせてアクを取り、砂糖を加えて約2時間、水をたしながら骨がやわらかくなるまで煮てください。

■ このとき酢を少量加えると、やわらかくなるのが早くなります。

【5】そして、醤油、みりんを加えてアクを取りながら、煮汁が約2割になるまで煮詰めてください。

いわし,香梅煮,鰯img_5220

【6】最後に鍋を少しかたむけて、煮汁をいわしに回しかけながら照りを出すと香梅煮の完成です。

いわし,香梅煮,鰯img_5223

■ 写真のごぼうは「管ごぼう」に細工したあと、吸い物だしで煮ております。

そして、きゅうりは種をくりぬいて海老のすり身を詰めたあと、吸い物だしにみりんを少量加えた煮汁でサッと煮てから、色が飛ばないよう冷やしております。

※ ごぼう、きゅうりは盛りつけるときに温めてください。

【関連】

⇒「管ごぼうの作り方手順

⇒「煮魚に役立つ針しょうがの切り方

魚介の煮物一覧

⇒「骨なしさんまのしょうが煮レシピ

秋の煮物「さんまのしょうが煮」骨のない煮物にする方法とコツ、今回は「骨を抜いて食べやすくする」さんまのしょうが煮レシピとコツをご紹介したいと思いますので参考にしてください。そして、しょうがを山しょうにかえると「さんまの山椒煮」が作れますので、秋の煮物をされるときなどにお役立ていただければ幸いです。

【他の煮物レシピ】

⇒「八方だしを使った煮物一覧

⇒「食材の下ごしらえ一覧

⇒「野菜の煮物レシピ一覧

⇒「肉類の煮物レシピ一覧

⇒【煮物の語源、由来、雑学一覧】へ

【参考】

⇒「季節別~旬の食材一覧表

⇒「煮物に役立つ飾り切り一覧

⇒「和食の調味料割合と配合一覧

⇒「料理別~煮汁の割合と配合一覧表

煮物作りにお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報