焼き鱈の切り身を割合でさっと煮る方法【たき合わせに使える冬の煮物レシピ】

【冬の食材】

鱈(たら)の煮物

今回は焼き鱈の切り身を割合で煮る簡単な手順をご紹介したいと思いますので、たき合わせや煮合わせ、冬の献立などの参考にされてはいかがでしょうか。

それぞれの材料を別鍋で煮て合わせたものを、関西地方では主に「たき合わせ」といい、関東地方では「煮合わせ」と呼ぶことが多いです。
スポンサーリンク

焼き色を付けた鱈の煮物の作り方と調味料割合

下処理の工程

【1】最初に、骨を取り除いた鱈の身を25~30gに切り分けてください。

【2】次に、鱈の切り身にうす塩をあてて約30分間おいたあと、焼いてください。

煮汁を作る工程

だしと調味料の割合比率

だし 16
みりん
うす口醤油

■ 甘味を強める場合は砂糖を加えて、色濃く仕上げるときは濃口醤油を使用してください。

※ 味の濃さは、だしの分量を変化させると簡単に調節できます。

(例)

塩をあてずに焼いた時【12:1:1】

惣菜用の煮物の場合【10:1:1】等

焼き鱈に味を含ませる工程

【3】上記分量の煮汁をひと煮立ちさせて鱈の切り身を入れ、再度煮立つまで加熱してください。

焼き鱈の八方煮の作り方

【4】そして、火を止めたあと、そのまま冷めるまで味をなじませると完成です。

煮物は汁が冷めていく段階で食材の中に味がはいります。

【たき合わせの盛りつけ例】

鱈、洗い小芋

湯葉、ほうれん草、針ゆず

焼き鱈と子芋のたき合わせの作り方,湯葉の吉野煮とほうれん草色だし煮,針ゆず,冬の煮物の献立

里芋を白みそで煮る方法

【白みそ煮の作り方と煮汁割合】

里芋の下ゆで方法とコツ

【ゆでるときの目安温度と加熱時間】

湯葉に関連した料理内容一覧

針ゆずの切り方手順

【関連】

焼き色を付けた鯛の煮物の作り方と調味料割合①【下処理の工程】最初に骨を取り除いた鯛の身を25~30gに切り分け、うす塩をあてて約30分間おいたあとに焼いてください。②煮汁を作る工程

食材別の料理内容【まとめ記事一覧】

煮魚が難しいと思われる

【3つの原因と簡単な対処方法】

今回は煮魚の基本手順と色々な魚に使える万能煮汁をご紹介したいと思いますので、料理作りの参考にされてはいかがでしょうか。【1】魚を熱湯に通してウロコを取りのぞく【2】酒と水に魚を入れ、しょうがを加えて火にかける【3】砂糖を加えて煮る【4】さらに醤油を加える【5】仕上げにみりんで照りを出すと完成です。

魚介類の煮物レシピ関連一覧

今回は魚介類の煮物に関連した料理内容を集めましたので、和食調理や献立作成の参考にされてはいかがでしょうか。煮物の作り方とコツ、魚介関連の料理内容一覧■各料理内容に移動いたします。

煮物、たき合わせの献立一覧

1つの煮汁で作れるたき合わせ5種【鶏肉、椎茸、里芋、白ねぎ、ブロッコリー】今回は一般に黄金比と呼ばれる八方だしを使った煮物レシピをご紹介したいと思いますので参考にされてはいかがでしょうか。煮汁割合【だし:醤油:みりん = 12:1:1】

八方だしを使った煮物一覧を見る

1つの煮汁で作れるたき合わせ5種【湯葉、人参、ごぼう、南瓜、アスパラ】今回は一般に黄金比と呼ばれる八方だしを使った煮物レシピをご紹介したいと思いますので参考にされてはいかがでしょうか。煮汁割合【だし:醤油:みりん = 12:1:1】

食材の下ごしらえ一覧

四季の煮物に関連した

【季節別】調味料割合一覧

【参考】

煮物関連の料理用語集

【語源、意味、由来50音順一覧】

季節別、旬の食材一覧

料理別のあわせ調味料割合と配合一覧

今回は焼き鱈の煮物をご紹介いたしました。

他のレシピにつきましては≫「煮物レシピ関連一覧」にも掲載しておりますので、お役立ていただければ幸いです。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク