鶏肉で柳川鍋を作る方法【玉子とじのコツ】八方だし煮物レシピ

スポンサーリンク


【柳川鍋の作り方】八方だし煮物レシピ

今回は鶏肉の卵とじレシピと、卵とじのコツをご紹介したいと思いますので、料理作りの参考にしてください。

鶏肉の柳川鍋~卵とじ煮物レシピ

八方だしで手早く作れる「鶏の柳川鍋」

eac56cb1db0bf7250be3ee962ecced47_s

材料は、鶏肉、笹がきゴボウ、卵、三つ葉(青葱など火の通りやすい青味)を用意してください。

「材料の分量(1人用の土鍋)」

鶏肉 約5切れ
笹がきゴボウ 約50g
1個
三つ葉 2本

■ この分量を作る人数に合わせてください。

そして、柳川鍋は1人用の小さい土鍋があると、見栄えよく作れて簡単です。

煮汁「八方だしの作り方」

八方だしは、だし:醤油:みりんを【8:1:1】で合わせてください。

だし
薄口醤油
みりん

◎この割合を大さじで合わせると、約1人前が作れます。

そして、数人分を大きな鍋で作る場合は1人前の土鍋より、煮汁を多く使いますので、分量を増やしてください。

また、甘味が足りない場合は砂糖を少量加えてください。

八方だしの詳しい内容につきましては「だし汁とは!八方だしの簡単な作り方とコツ」に掲載しておりますので参考にしてください。

「鶏肉の柳川鍋~作り方」

(1)まず、ゴボウを鍋に敷いて鶏肉を並べ、八方だしを入れて強火にかけてください。

(2)そして、三つ葉を約2㎝の長さに切り、卵を割りほぐしてください。

(3)このあと、ひと煮立ちさせてアクを取り、三つ葉を入れて、強火のまま溶き卵を全体に回しかけてください。

(4)そして、卵に3割程度、火を通すと「柳川鍋」の完成です。

■ このくらいで火からおろすと、食べるときに卵が半熟状態になります。

※ お好みで粉ざんしょうや七味を振ってください。

注:鶏肉は火が通りやすいよう薄く切り、完全に火が通ってから卵でとじてください。

そして、火の通り具合がわかりづらいときは、鶏肉をあらかじめ八方だしでサッと煮ておくと、手早く作れて下味もつけられます。

卵とじのポイント

■ 溶き卵は、煮汁がしっかりと煮立っている状態で入れてください。

これは、煮立てずに卵を入れると、火がなかなか通らず、きれいな半熟に仕上がらないためです。

そして、鍋の淵から卵が固まって、中心部は火が通りにくいですので、外側から全体に行き渡るよう回しかけ、火は強火にしてください。

【関連レシピ】

⇒「にら玉汁の作り方~吸物の割合

玉子をふんわり仕上げる3つのコツ

他の材料で柳川鍋を作る場合

■ 同じ方法でウナギ、ハモ、牛肉、白魚などでも作れます。

ウナギや、牛肉で作る場合は脂分が多いですから同じ煮汁で作れ、ハモの時はだしを「8」から「10」にし、白魚はだしを「12」にすると、同じくらいの味加減に仕上がります。

そして、鶏肉を使ってゴボウを玉葱にかえ、だしを「6」にすると親子丼が作れます。

親子丼⇒【6:1:1】

ハモの柳川鍋⇒【10:1:1】

白魚の柳川鍋⇒【12:1:1】

柳川鍋の語源、由来とは

柳川鍋は、別名「どじょう鍋」ともいい、ゴボウとドジョウを卵でとじた料理をさします。

そして、この名の由来には2つの説があり、ひとつは江戸、日本橋横山町の「柳川」という屋号のお店が創案した料理という説と、もうひとつが福岡県、柳川産の土鍋を使ったからという説です。

【関連】⇒「煮物用語、由来、雑学一覧

「⇒八方だし

「八方だし」とは、「だし+醤油+みりん」で作る万能な合わせだしのことで、四方八方に使えるということからその名がついています。

そして、八方だしにはいくつかの種類があり、酒をきかせたものを「酒八方」みりんをきかせたものを「みりん八方」といい、その作り方や細かい割合に決まりはありませんが、作り方は、ほぼ同じです。

本ブログでは、この「八方だし」を簡単にするため「だし汁8:醤油1:みりん1」の割合でご紹介しており「八方」= だし汁が「8」としていただくと覚えやすいと思います。

そして、今回はこの割合で「鶏肉の柳川鍋」を作りました。

「煮物レシピ」

牛肉と八方だしで簡単に煮物を作る方法

⇒「牛肉のすき焼き風煮物レシピ

⇒「八方だしを使った煮物レシピ一覧」へ

野菜レシピ ⇒魚介レシピ ⇒肉レシピ

【参考≫】料理を作るときの調味料割合一覧

⇒「煮物の割合~煮汁、調味だしの割合帳

次回も料理作りにお役立ていただければ幸いです。

最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報