糸こんにゃく(白たき)の下ゆで方法と理由【ゆでこぼし】とは

スポンサーリンク


糸こんにゃく(白たき)の下ごしらえ

今回は糸こんにゃくの下処理方法と理由をご紹介したいと思いますので、煮物の献立やすき焼き作りの参考にされてはいかがでしょうか。

食材の下ごしらえ、糸こんにゃく(白たき)

糸こんにゃくの下ゆで方法

【1】最初に、糸こんにゃくを水洗いして鍋に入れてください。

【2】次に、こんにゃくがつかる程度の水をそそいで、強火にかけてください。

【3】そして、湯が沸騰したところで、こんにゃくをザルにあげると完了です。

■ この下処理を「ゆでこぼし」といい、ザルにあげることを「おかあげ」といいます。

陸上げ(おかあげ)とは

和食の煮物、料理用語集【陸上げ(おかあげ)とは】材料をざる、あみ、かご等にのせて水分を切ることをいい「陸に上げる」調理全般をさしています。【関連】≫ 茹で溢す(ゆでこぼす)とは

糸こんにゃくの下ゆで理由

糸こんにゃくは、水洗いするだけで使うと、製造時に使用された石灰くささが残っているため、煮汁に臭いが移って味が悪くなります。

そして、こんにゃく自体に水分が多すぎると、味が染み込みにくくなりますので、水からゆでてザルに上げ、余分な水分を飛ばしてください。

また、他のこんにゃくを下ゆで(ゆでこぼし)してから煮るのも同じ理由からです。

「ゆでこぼし」とは

材料をゆでて、そのゆで汁をいったん捨てることをいい、アクや渋み、ぬめりなどの不要成分を流し取る目的の調理法です。

■ くせや臭みが強いものは「ゆでこぼし」を何度か繰り返してください。

(例)魚の卵、肝など

鯛の子の臭みを取る下ゆで方法

ハモの子の下処理方法【ばらし方のコツ】

和食の煮汁(だし、たれ)割合50音一覧

和食の煮汁(だし、たれ)調味料割合と配合集【50音一覧】今回は本サイトや姉妹ブログでご紹介しております調味料割合を50音順に整理いたしましたので、料理作りの参考にされてはいかがでしょうか。■各割合に移動いたします。料理名を選んでお役立てください。

【関連】

煮物用語や料理の語源につきましては≫「煮物の語源、意味、由来【料理用語集一覧】」に掲載しておりますので参考にしてください。

【煮物の料理用語集50音一覧】今回は煮物の語源、意味、由来などを料理別50音順に整理いたしましたので、和食調理や煮物の献立の参考にされてはいかがでしょうか。

八方だしを使った煮物一覧

⇒「食材の下ごしらえ一覧

⇒「野菜の煮物レシピ一覧

⇒「魚介の煮物レシピ一覧

⇒「肉類の煮物レシピ一覧

【参考】

⇒「季節別~旬の食材一覧表

⇒「料理別~煮汁の割合と配合一覧表

料理作りにお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報