牛肉の簡単な煮物レシピと調味料割合【牛すき焼き風煮の作り方】

牛すき焼き風煮

今回は牛肉を使った簡単な煮物レシピをご紹介したいと思いますので、白ご飯にのせたり、煮物や惣菜などの参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

牛肉の煮物レシピ【牛すき焼き風煮の作り方手順】

(3~4人前の食材分量)

牛肉 200g
玉ねぎ 1個
糸こんにゃく 1玉(200g)
笹がきごぼう  50g
青ねぎ 1本分

煮汁を作る工程

【1】最初に、かつおと昆布の合わせだしを使って「すき焼きの割り下」のような煮汁を作ってください。

【調味料割合】

だし 300㏄
みりん  50㏄
濃口醤油  50㏄
砂糖 大さじ1杯

食材の下処理工程

【2】次に、牛肉、玉ねぎ、下ゆでした糸こんにゃくを食べやすい大きさに切り分けて、笹がきごぼうを作ってください。

そして、青ねぎを約3㎝の斜め切りにしてください。

【参考】

糸こんにゃくの下処理方法

笹がきごぼうの切り方手順

材料を炒めてから煮る工程

【3】火にかけた鍋に牛脂(ヘッド)を入れ、玉ねぎ ≫ごぼう ≫こんにゃくの順に加えて、強火で炒めてください。

そして、玉ねぎがしんなりとしたところで牛肉を加えて、さらに炒めてください。

牛肉のすき焼き風煮の作り方手順と割合

【4】このあと、鍋に【1】の煮汁を加えて、煮立たせてください。

牛肉のすき焼き風煮の作り方手順と調味料の割合

仕上げの工程

【5】強火で煮立てた汁のアクを取りのぞき、最後に青ねぎの斜め切りを加えると完成です。

牛肉を使ったすき焼き風煮の作り方手順

↓↓↓

牛肉のすき焼き風煮の作り方と調味料の割合

■ 白ご飯にのせると、ご飯物としても使えますので参考にされてはいかがでしょうか。

【盛りつけ例】

牛肉のすき焼き風煮を使ったご飯物の献立

割り下の意味とは

すき焼きの割り下を作る時の割合

【関連】

食材の下処理方法一覧

肉類の煮物レシピ一覧を見る

野菜類の煮物レシピ一覧を見る

味の引き立て役、薬味一覧表へ

鍋料理を作るときの煮汁割合一覧

今回は牛肉のすき焼き風煮をご紹介いたしました。

他のレシピにつきましては≫「本サイトの料理内容一覧」に掲載しておりますのでお役立ていただければ幸いです。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク