くわいを松ぼっくりに見立てた【松笠くわいを煮る方法と割合】

 
■ 当サイトをご覧の方々並びに全国の皆様におかれましては、お身体に十分注意していただきたく存じます。
 

「冬の煮物」

松笠慈姑(まつかさくわい)

今回は、くわいを松ぼっくりに見立てた「松笠くわい」を煮る方法と調味料の割合をご紹介したいと思いますので、冬の煮物や炊き合わせなどにお役立てください。

おせち料理や冬の献立に役立つ野菜の煮物レシピ

松笠くわいを煮る方法とコツ

調味料の割合

だし 12
みりん
濃口醬油
砂糖 少量

くわいの下ごしらえ手順

【1】最初に、くわいを松ぼっくりの形に切って、真水でさらしてください。

■ 松かさくわいの詳しい切り方につきまして≫「松笠くわいの切り方3つ【松ぼっくり】に見せる方法とコツ」に掲載しておりますので参考にしてください。

【2】次に、くわいの水けを切ってから175~180℃の油で下揚げし、表面の色づけをしてください。

【3】そして、油を切ったあと、熱湯にさっと通す、または上からかけて油抜きをしてください。

【4】このあと、くわいを煮汁に入れてひと煮立ちさせ、アクを取りながら約15分間煮含めてください。

■ このとき、くわいが煮くずれないよう、煮汁の中で動かない程度の火加減を目安にしてください。

【5】そして、火を止めたあと、常温でさまして味をなじませると「松笠くわい」の完成です。

「盛りつけ例」

写真の絵馬くわいと松葉絹さやは、濃いめの吸い物だしで味を含ませております。

【関連】

くわいの飾り切り関連一覧

くわいの煮汁割合

■くわいの色付け方法につきましては≫「くわい、栗にくちなしの実で色付けする方法」に掲載しております。

【他の飾り切り方法】

野菜の飾り切り方法、切り方とコツ100選

おせち料理の煮物へ

おせち料理や

正月に関連した調理内容一覧

おせちと正月に関連した

【料理の雑学、豆知識一覧】

【参考】

煮物関連の語源、意味、由来

煮物に役立つ飾り切り方法一覧

和食の調味料割合と配ごう一覧

今回は松笠くわいの煮物をご紹介いたしました。

他のレシピ等につきましては≫「日本料理案内所のサイト内容一覧」にも掲載しておりますのでお役立ていただければ幸いです。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただきありがとうございました。