焼き鮭とかぶを20分間煮て味を含ませる【煮物の作り方手順】

【鮭とかぶの煮物】

今回は、煮汁を沸騰させずに約20分間 加熱して味を含ませる鮭とかぶの煮物をご紹介したいと思いますので、晩秋の献立作成や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

晩秋から初冬の献立

焼き鮭とかぶの煮物の作り方

【1】最初に、骨を取りのぞいた鮭にうす塩をあてて、約30分間おいたあと焼いてください。

【2】次に、内側の筋が残らないよう、厚めに皮をむいた小かぶを1/4に切り分けてください。

【3】そして、鮭とかぶを入れた鍋に煮汁をそそいで、旨味の昆布を加えてください。

焼き鮭とかぶの煮物の作り方手順

「煮汁の割合」

だし 400㏄(8)
400㏄(8)
みりん  50㏄ (1)
うすくち醤油  50㏄ (1)

■ 鮭を焼いておくと生臭さが取れますので、しょうがは入れなくても大丈夫です。

※ ()内の数字は比率です。

【4】このあと、ひと煮立ちさせてアクを取り、落とし蓋をしてから中火の弱火にしてください。

■ 煮汁の温度は、鍋のふちからボコボコと泡が出ず、鮭とかぶが静かに浸かっている状態です。

※ 温度計ではかると約90℃です。

【5】そして、煮汁の温度を保った状態で20分間煮たあと、火を止めてそのまま冷ましてください。

そうすると、中まで味が染みこみます。

【6】最後に、鍋をもう一度火にかけて鮭とかぶを温め、香りのゆずを添えると完成です。

鮭とかぶのたき合わせ,秋の煮物の献立

写真の青味野菜は、かぶの葉のやわらかい部分を使用し、椎茸は同じ煮汁で味を含ませております。

【同じ材料で作れる鍋物レシピ】

秋の鍋物【白みそ豆乳鍋】今回は、焼き鮭と秋に出回る野菜を使った鍋料理をご紹介したいと思いますので、小鍋仕立ての献立作成や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。

【関連】

今回は秋食材の鮭白子を使った煮物をご紹介したいと思いますので、献立作成や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。秋の献立、鮭の白子のしょうが煮の作り方手順
今回は秋食材の鮭白子を使った煮物をご紹介したいと思いますので、献立作成や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。秋の献立、鮭の白子のさんしょう煮の作り方手順
【煮物の料理用語集50音一覧】今回は煮物の語源、意味、由来などを料理別50音順に整理いたしましたので、和食調理や煮物の献立の参考にされてはいかがでしょうか。■各煮物や調理法に移動いたします。

魚介の煮物レシピ一覧を見る

秋の煮物レシピ関連一覧を見る

【参考】

和食の調味料割合と配合一覧へ

今回は焼き鮭とかぶの煮物をご紹介いたしました。

他のレシピにつきましては≫「本サイトの料理内容一覧」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報