秋鮭の白子を使った【さんしょう煮の作り方手順】

【鮭白子のさんしょう煮】

今回は秋食材の鮭白子を使った煮物をご紹介したいと思いますので、献立作成和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

秋の献立

鮭の白子のさんしょう煮

「作り方手順」

【1】最初に、水洗いした鮭の白子の血管を、指の腹でこすりながら血を抜いてください。

鮭の白子

【2】そして、白子の臭みを取るために、酒を加えた塩水に約1時間ひたしてください。

「塩水の割合」

1000㏄
100㏄
大さじ1杯

【3】次に、白子としょうがのスライスを入れた鍋に、酒と水を同割りでかぶる程度まで加えてください。

鮭の白子としょうがのうす切り

【4】そして、ひと煮立ちさせてからアクを取り、砂糖を入れて約5分間煮てください。

■ 砂糖の目安分量は、酒500㏄+水500㏄に対して50gです。

【5】このあと、濃口醤油を入れて煮汁を最初の1/2まで煮つめ、実ざんしょうの醤油煮を加えて、更に5分程度煮てください。

鮭の白子のさんしょう煮,秋の献立

■ 濃口醤油の目安分量は、酒500㏄+水500㏄に対して大さじ3~4杯です。

【6】最後に、たまり醤油で色をつけ、少量のみりんで味をととのえると完成です。

秋鮭の白子山椒煮,さけのしらこさんしょう煮

今回は秋食材の鮭白子を使った煮物をご紹介したいと思いますので、献立作成や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。秋の献立、鮭の白子のしょうが煮の作り方手順
野菜の下処理方法とコツ【絹さやの下ごしらえ手順】①最初に、さや先のひげに似た部分を取ってください。この部分はかたくないですが、食感がよくありませんので取りのぞいてください。
今回は「絹さや」のお浸しをご紹介したいと思いますので、煮物の献立や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。青味野菜のお浸しを色良く仕上げる方法、絹さやの色出し煮手順①下処理の工程
今回は有馬煮(ありまに)の意味をご紹介したいと思いますので、和食調理や献立作成の参考にされてはいかがでしょうか。有馬煮(ありまに)とは
今回は朝倉煮(あさくらに)の意味をご紹介したいと思いますので、和食調理や献立作成の参考にされてはいかがでしょうか。朝倉煮(あさくらに)とは

【関連】

【煮物の料理用語集50音一覧】今回は煮物に関連した「語源、意味、由来」などを料理別に整理いたしましたので、煮物の献立や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。■各煮物や調理法に移動いたします。

魚介の煮物レシピ一覧へ

秋の煮物レシピ関連一覧へ

八方だしを使った煮物レシピ一覧

【参考】

和食の調味料割合と配合一覧へ

今回は鮭白子のさんしょう煮をご紹介いたしました。

他のレシピにつきましては≫「本サイトの料理内容一覧」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク