秋の味覚,きのこで玉子とじを手早く作る方法【八方だし煮物レシピ】

「きのこの玉子とじ」

今回は秋の味覚の「茸(きのこ)」を玉子でとじる煮物をご紹介したいと思いますので、料理作りにお役立てください。

スポンサーリンク

火の通りが早い茸を玉子でとじる煮物

茸で作る簡単玉子とじ

煮汁「八方だしの作り方」

八方だしは、だし:薄口醤油:みりんを【8:1:1】で合わせてください。

八方だしの詳しい内容につきましては「だし汁とは!八方だしの簡単な作り方と合わせ方のコツ」に掲載しておりますので参考にしてください。

そして、材料は舞茸、しめじ、えのき、きくらげ、玉子を用意してください。

この中に、三つ葉などを加えると色よく仕上がります。

「玉子とじの作り方」

(1)きくらげを水、またはぬるま湯でもどしてください。

そして、かたい部分を取りのぞいて、食べやすい大きさに切ってください。

(2)次に、しめじ、えのきの根元を少し切り落としてください。

■ 舞茸はそのままで大丈夫です。

(3)そして、煮汁を強火にかけ、煮立ったところにきくらげを入れ、他の茸は手で裂いて、加えてください。

(4)このあと、玉子を割りほぐしてください。

(5)そして、再度、煮汁が煮立ったところでアクを取りのぞき、三つ葉を入れて、玉子を全体に回しかけてください。

(6)玉子に3割ていど火を通すと「茸の玉子とじ」の完成です。

このくらいで火を止めると、食べるときに半熟状態になります。

■ 茸は下処理が簡単ですので、手早く料理をしたいときなどに役立ちます。

春の玉子とじにする

春先は山菜が多く出回りますので、わらびと白魚や、筍と菜の花で作ると、季節感がでます。

また、秋は百合根が出回る季節ですからので、そちらでも試してみてください。

【参考】わらびのあくを抜く方法

夏の玉子とじ「うなぎの柳川鍋の作り方」

きくらげ(木耳)

きくらげは、九州の宮崎や熊本が特産で、夏から秋にかけて「くわ、なら、しい、かし」などの枯木に群生しています。

その形が人間の耳たぶに似ていることから、この名前がついています。

煮物用語、由来一覧】へ

【乾物のもどし方関連】

きくらげなど、乾物のもどし方につきましては、「乾物のもどし方「11選」煮物の下ごしらえ~食材の下処理方法」に掲載しておりますので参考にしてください。

⇒「煮物に大事な下ごしらえ一覧

■「~八方だしを使った煮物一覧

野菜レシピ ⇒魚介レシピ ⇒肉レシピ

次回も料理作りにお役立ていただければ幸いです。

最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報