うなぎの柳川鍋の作り方【煮汁割合】夏の煮物レシピとコツ

スポンサーリンク


うなぎの柳川鍋【八方だし煮物レシピ】

今回は、うなぎの柳川鍋を作る方法をご紹介したいと思いますので、土用の丑の日や夏の献立など和食調理にお役立てください。

うなぎの柳川鍋の作り方

【材料】

うなぎ、笹がきごぼう、卵

三つ葉(青葱など火の通りやすい青味)を用意してください。

■ 柳川鍋は1人用の土鍋があると、見栄え良く簡単に作れます。

八方だし煮物レシピ

煮汁「八方だしの作り方」

八方だしは、だし:醤油:みりんを【8:1:1】で合わせてください。

だし
薄口醤油
みりん

◎この割合を大さじで合わせると、約1人前が作れます。

そして、数人分を大きな鍋で作る場合は1人前の土鍋より、煮汁を多く使いますので、分量を増やしてください。

また、甘味が足りない場合は砂糖を少量加えてください。

■ 八方だしの詳しい内容につきましては「だし汁とは!八方だしの簡単な作り方とコツ」に掲載しておりますので参考にしてください。

「柳川鍋の作り方」

(1)最初に、笹がきごぼうを鍋に入れて、八方だしを加えてください。

【関連】ごぼうの詳しい切り方につきましては「笹がきごぼうの切り方とコツ~短くなったときの対処法」に掲載しておりますので参考にしてください。

(2)次に、うなぎの切り身を並べて、強火にかけてください。

(3)そして、三つ葉を約2㎝に切って、卵を割りほぐしてください。

(4)このあと、ひと煮立ちさせてアクを取り、三つ葉を入れて、強火のまま溶き卵を全体に回しかけてください。

(5)そして、卵に3割ていど、火を通すと「柳川鍋」の完成です。

■ このくらいで火からおろすと、食べるときに卵が半熟状態になります。

※ お好みで粉ざんしょうや七味唐辛子を振ってください。

卵とじのポイント

■ 溶き卵は、煮汁がしっかりと煮立っているところに入れてください。

これは、煮立てずに卵を入れると、火がなかなか通らず、きれいな半熟に仕上がらないためです。

そして、鍋の淵から卵が固まり、中心部は火が通りづらいですので、外側から全体に行き渡るよう回しかけ、火は強火にしてください。

「柳川鍋の語源、由来とは」

柳川鍋は、別名「どじょう鍋」ともいい、ごぼうとドジョウを卵でとじた料理をさします。

そして、名の由来には2つの説があります。

ひとつは江戸、日本橋横山町の「柳川」という屋号のお店が創案した料理という説、そして、もうひとつが福岡県、柳川産の土鍋を使ったからという説です。

【関連】

⇒「牛肉のすき焼き風煮物レシピ

八方だしを使った煮物一覧

⇒「食材の下ごしらえ一覧

⇒「野菜の煮物レシピ一覧

⇒「魚介の煮物レシピ一覧

⇒「肉類の煮物レシピ一覧

⇒【煮物の語源、由来、雑学一覧】へ

【参考】

⇒「季節別~旬の食材一覧表

⇒「煮物に役立つ飾り切り一覧

⇒「煮汁の割合と配合50音一覧

⇒「鍋料理を作る時の煮汁割合一覧

⇒「料理別~煮汁の割合と配合一覧表

⇒「酢の物用あわせ酢の調味料割合一覧

煮物作りにお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報