すっぽんのだし【スープを取るときの水と酒の基本割合】

スポンサーリンク


すっぽんのだし【丸仕立て】

今回は、すっぽんのスープを取るときの水と酒の割合をご紹介したいと思いますので、和食調理にお役立てください。

すっぽんのだし

水と酒の簡単な割合

【すっぽん1匹に対して】

すっぽん 1匹(800g~1㎏)
2升(3600㏄)
2合(360㏄)
土しょうが 適量

すっぽんのだしを取るときの割合一例です。

■ すっぽんは4つほどき、または8つほどきにして水かきを切り落とし、約80℃の湯に入れて、表面が水ぶくれのようになったところで冷水に引き上げてください。

そして、薄皮を丁寧にむいたあと、水、しょうがと一緒にひと煮立ちさせて、アクを取り除いてください。

このあと、酒を加えて、さらにアクを取りながら、煮汁が2/3になるまで煮るとスープが取れます。

【関連】

すっぽんの首を持つ方法につきましては≫「すっぽんの首をのばす手順と確実につかむ安全な方法」に掲載しておりますので参考にしてください。

≫「煮物用語集~語源、意味、由来一覧

【参考】

≫「和食の献立料理一覧

≫「だし、たれ、煮汁の割合50音一覧

他の割合につきましては≫「和食の調味料割合と配合一覧」に掲載しておりますのでお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報