うすい豆の皮にしわをよせない下ゆで方法3つのコツ

スポンサーリンク


うすい豆(えんどう)の下ゆで方法

今回は、うすい豆の皮にしわがよらないようにゆでる方法とコツを3つご紹介したいと思いますので、豆ごはんの飾りつけや鮮やかな緑色に仕上げる「ひすい煮」の参考にされてはいかがでしょうか。

うすい豆の皮にしわをよせないゆで方【3つのコツ】

うすい豆(グリーンピース)の下処理方法

「3つのコツ」

  1. 塩もみで皮に傷をつける
  2. 落とし蓋をしてからゆでる
  3. 湯の温度をゆっくりと下げる

1、塩もみで皮に傷をつける

豆をゆでるときは、さやから取り出して塩と一緒にすり鉢、またはボールに入れてください。

そして、手のひらで円を描くよう、豆を転がしながら皮に傷をつけてください。

■ 塩もみで傷をつけると、豆との間に湯が入りますので早くゆでられ、皮の中が真空状態になりませんので、しわがよりにくくなります。

2、落し蓋をしてからゆでる

豆を塩もみしたあと、熱湯でやわらかくゆでますが、このときに落とし蓋をしないと、豆が空気にふれ、皮にしわがよる原因になります。

ですから、ゆでるときは「落とし蓋」をして、豆が湯から顔をださないようにしてください。

短時間で柔らかくゆでる場合

繊維がかたい青味野菜や山菜など、アクが強い食材は、下ゆでに重曹(炭酸水素ナトリウム)を入れる方法があり、うすい豆の場合も少量を加えると早くゆでられます。

この方法は、冬瓜(とうがん)や蕗(ふき)をゆでる場合も使えます。

※ 重曹(炭酸水素ナトリウム)は多量に入れると、食材の繊維がやわらかくなりすぎますので注意してください。

【関連】

冬瓜を色よく煮る方法

【冬瓜を色よく煮る方法とコツ】今回は冬瓜の緑色を鮮やかに仕上げる「色だし煮」をご紹介したいと思いますので、和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。

春の食材、ふきの下ごしらえ

春の煮物【ふきの下ごしらえ】今回は春が旬の「ふき」を下ゆでする方法をご紹介したいと思いますので、料理作りの参考にされてはいかがでしょうか。

3、湯の温度をゆっくりと下げる【重要】

■うすい豆をゆでるときのコツは、この工程です。

※ 今回の方法で大切なポイントは、ゆっくりと温度を下げることで、この工程を守らないと豆にしわがよりますので気をつけてください。

ゆでた豆をさますときは、他の青味野菜のように冷水で温度を下げず、鍋ごとシンク(流し台)の中に入れてください。

そして、水道の蛇口を細くしぼった状態で、落とし蓋の上から水を少しずつ流し入れ、ゆっくりさらしながら徐々に温度を下げてください。

※ 写真は中が見えるように落とし蓋をはずしておりますが、温度が下がるまでは取らないでください。

そして、鍋を火からはずしたときに、しわがよる豆がでてきますが、温度が下がると徐々にふくらんできますので、あわてて取ろうとせず、そのままさらしてください。

■ 青味の葉物、絹さや、いんげん豆などは、ゆでたあと冷水で色止めしますが、うすい豆は色持ちが良いですから、少しずつ温度を下げても大丈夫です。

また、豆を急激に冷やすと、ふっくらとした状態に仕上がりませんので、湯の温度はゆっくりと下げてください。

そうすると、皮にしわがよらずに、色よくふっくらとした状態でゆでられます。

■ 冷凍のグリーンピースの場合は、生の豆に比べてしわがよりにくいですから、ある程度一気に温度を下げても大丈夫です。

【うすい豆の煮物レシピ】

うすい豆を色よく煮る方法「ひすい煮」

今回は、えんどう豆(うすい豆)を色良くに煮る「ひすい煮」をご紹介したいと思います。この「ひすい煮」は小鉢や先付け、前菜の猪口(ちょこ)に入れるなどに使え、豆ご飯の仕上げ飾りとしても重宝しますのでお役立てください。

ひすい煮とは、豆をひすい色に煮ることから名がついています。

また、他の煮物用語につきましては≫「煮物の語源、意味、由来一覧」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

【煮物の料理用語集50音一覧】今回は煮物の語源、意味、由来などを料理別50音順に整理いたしましたので、和食調理や煮物の献立の参考にされてはいかがでしょうか。

たれ、煮汁割合50音一覧

【関連】

春の煮物レシピ一覧

八方だしを使った煮物一覧

野菜の煮物レシピ一覧

魚介の煮物レシピ一覧

肉類の煮物レシピ一覧

【参考】

野菜を使った春の盛りつけ

季節別~旬の食材一覧表

煮物に役立つ飾り切り一覧

和食の調味料割合と配合一覧

料理別、煮汁の割合と配合一覧表

料理作りにお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報