ふきの下ごしらえ【春の煮物】下ゆで手順とコツ

スポンサーリンク


春の煮物【ふきの下ごしらえ】

今回は春が旬の「ふき」を下ゆでする方法をご紹介したいと思いますので、料理作りの参考にされてはいかがでしょうか。

春野菜、山菜の下処理方法

ふきの下ゆで手順

【1】ふきを鍋に入る長さに切り分け、まな板にのせてください。

そして、塩がつきやすくするための水を打ってください。

【2】次に、塩をまんべんなく振りかけ、ふきの両側に手のひらをあててください。

そして、麺棒で生地を伸ばす要りょうで、筋がもろもろとはずれるまで転がしてください。(板ずり

春の食材【ふきの板ずり手順を見る】

【3】熱湯に塩、重曹(炭酸水素ナトリウム)または灰アク汁を少量加えてふきをゆでてください。

そして、火が通ったところで冷水にとってください。

■ 重曹がない場合は塩だけでも大丈夫です。

灰アク汁の作り方につきましては≫「春の食材、わらびのアク抜き方法」に掲載しておりますので参考にしてください。

【4】このあと、ふきの両端から皮をむくと下処理完了です。

■ ゆで具合の目安は、軽く力を加えたときに、ふきがしなる程度のやわらかさです。

【関連】

ふきの煮物につきましては≫「ふきを色よく煮る方法2つ【春の煮物】色出し煮の作り方」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

⇒「春の食材、ふきの葉の下処理方法

ふき料理の内容一覧を見る

【参考】

⇒「吸い物の味つけ

美味しく感じる塩分濃度の理由と簡単な割合

ふき「蕗」

キク科の多年草で、野や山に自生しており、栽培もされています。

そして、ふきの歴史は古く、8世紀ごろには栽培が行われていたといわれます。

ふきのとう「蕗の薹」

ふきの花蕾(からい)と呼ばれる部分で、早春に土の中から芽を出します。

この蕾(つぼみ)がなるべく開かない内に天ぷらにしたり、味噌と混ぜて「ふきのとう味噌」に仕立てます。

⇒「筍の下ごしらえ方法

⇒「わらびのアク抜き方法

【関連】

だし、たれ、煮汁の割合50音一覧
煮物の語源、由来、雑学一覧
【煮物の料理用語集50音一覧】今回は煮物の語源、意味、由来などを料理別50音順に整理いたしましたので、和食調理や煮物の献立の参考にされてはいかがでしょうか。
煮物レシピとコツ【調味料割合】サイト内容の一覧

八方だしを使った煮物一覧

⇒「食材の下ごしらえ一覧

⇒「野菜の煮物レシピ一覧

⇒「魚介の煮物レシピ一覧

⇒「肉類の煮物レシピ一覧

⇒「季節別、旬の食材一覧表

⇒「和食の調味料割合と配合一覧

⇒「料理別、煮汁の割合と配合一覧表

料理作りや春の献立などにお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報