ふきを色よく煮る方法2つ【春の煮物】色出し煮の作り方

春の煮物【ふきの色だし煮】

今回は春食材の「ふき」を色よく煮る手順を2つご紹介したいと思いますので、料理作りの参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

春の食材、ふきを色よく煮る方法2つ

ふきの色だし煮「下処理工程」

【1】最初に、ふきを鍋に入る長さに切り分け、まな板の上で塩をまんべんなく振ってください。

そして、両手を広げてふきにのせ、手のひらで筋がもろもろとはずれるまで転がしてください。

このときの状態は、めん棒で生地をのばすときと同じで「板ずり」と呼ばれる調理法です。

春の食材【ふきの板ずり手順を見る】

【2】次に、塩、重曹(炭酸水素ナトリウム)または灰アク汁を加えた熱湯で色よくゆで、冷水であら熱を取ってから、ふきの両端から皮をむいてください。

下ゆでの詳しい内容につきましては≫「ふきの下ごしらえ方法とコツ」に掲載しております。

灰アク汁の作り方】

春の食材、わらびのアク抜き方法

ふきを煮る工程

合わせだしの割合

だし汁 500cc
大さじ1
みりん 大さじ1
薄口醤油 大さじ1
小さじ 1/4
砂糖 少々

ふきの色出し煮手順 ①

下ゆでしたふきを4~5㎝の長さに切り分け、煮立ちさせた合わせだしでさっと煮たあと、煮汁から引きあげてください。

そして、ふきと煮汁を別々に冷やしてから、ふきを戻して半日ていど味をなじませると完成です。

ふきの色出し煮手順 ②

ふきを手順①と同じ要りょうで切り分けて、水けをふき取ってから、冷やした煮汁で味を含ませると完成です。

■ 手順②は火にかけない分、煮汁の味がうすまりますので塩と醤油を少し増やす、または煮汁を半分に分けて浸け直してください。

ふきを2回に分けて浸ける方法を「二度浸け」といい、絹さやうすい豆など、他の青味野菜でも使えます。

春の食材、ふきの葉の下処理方法

ふきの料理内容を見る

うすい豆の皮にしわをよせないコツ

【うすい豆(えんどう)の下ゆで方法とコツ】今回は、うすい豆の皮にしわがよらないようにゆでる方法とコツを3つご紹介したいと思いますので、豆ごはんの飾りつけや鮮やかな緑色に仕上げる「ひすい煮」の参考にされてはいかがでしょうか。

絹さやのおひたし、二度浸けの方法

春の旬野菜「絹さやの色出し煮」今回は春に旬をむかえる絹さやのお浸しをご紹介したいと思いますので、煮物の献立や和食調理にお役立てください。

筍の煮物レシピ

春の食材、筍の下ごしらえ方法

春の食材、わらびのアク抜き方法

【関連】

だし、たれ、煮汁の割合50音一覧
煮物の語源、由来、雑学一覧
【煮物の料理用語集50音一覧】今回は煮物の語源、意味、由来などを料理別50音順に整理いたしましたので、和食調理や煮物の献立の参考にされてはいかがでしょうか。■各煮物や調理法に移動いたします。

八方だしを使った煮物一覧

食材の下ごしらえ一覧

野菜の煮物レシピ一覧

魚介の煮物レシピ一覧

肉類の煮物レシピ一覧

季節別~旬の食材一覧表

和食の調味料割合と配合一覧

料理別~煮汁の割合と配合一覧表

今回はふきの煮物をご紹介いたしました。

他の春料理につきましては≫「春の煮物や食材の下ごしらえに関連した料理内容一覧」に掲載しておりますのでお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報