蛤(はまぐり)のだしを取る時の貝と水、酒、昆布の割合

スポンサーリンク


【蛤(はまぐり)だしの調味料割合】

今回は蛤のうしお汁を作るときの割合とコツをご紹介したいと思いますので、吸い物の献立和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。

蛤(はまぐり)のうしお汁

貝、水、酒の割合比率【吸い物】

はまぐり 15個
1000㏄
100㏄
だし昆布 5g

はまぐりだしを取るときの割合一例です。

最初に、はまぐりが生きている状態なのかを確認するため、貝どうしを軽くたたき合わせて、音をたしかめてください。

■ はまぐりの確認音は、小石をたたき合わせたときと同じような高く乾いた音がします。

※ このとき、にごった鈍い音がする場合は、貝が生きておらずに殻の口が開いている可能性がありますので、使わないようにしてください。

また、生きている状態でも貝殻を少しあけているときは鈍い音がしますので、たたく前に貝を水洗いする、または同じ工程(軽くたたき合わせる)を何度か繰り返してください。

このあと、鍋にすべての材料を入れて火にかけ、貝が開いたものから順に取り出してください。

そして、貝を取り出したあと、かつおだしを取る要りょうで静かに漉してください。

※ すべての貝が開いてから、だしを一度に漉すと、先に開いた身がかたくなりますので注意してください。

また、吸い物に使うときに貝のだしがたりない場合は、昆布とかつお節で取っただしでのばす方法もあります。

その場合は貝から取っただしと同量を加えて、味をととのえてください。

【うしお汁の盛りつけ例】

はまぐり、たけのこ、菜の花

花弁人参、大根、わかめ、(香)こしょう

■ はまぐりの吸い物の香り(吸い口)には、こしょうが良くあい、ゆずや木の芽と同じように使えますので参考にされてはいかがでしょうか。

【関連】

潮汁(うしおじる)とは

吸い物を美味しく感じる塩分濃度の理由

「吸い物のコツ」今回は吸い物が美味しく感じる塩分濃度の理由とコツ、調味料割合をご紹介したいと思いますので和食調理や献立作成の参考にされてはいかがでしょうか。

八方だしを使った煮物一覧

食材の下ごしらえ一覧

野菜の煮物レシピ一覧

魚介の煮物レシピ一覧

肉類の煮物レシピ一覧

煮物の語源、由来、雑学一覧へ

【煮物の料理用語集50音一覧】今回は煮物の語源、意味、由来などを料理別50音順に整理いたしましたので、和食調理や煮物の献立の参考にされてはいかがでしょうか。

【参考】

季節別、旬の食材一覧表

煮物に役立つ飾り切り一覧

煮汁の割合と配合50音一覧

料理別の煮汁割合と配合一覧表

今回は、はまぐりだしの割合をご紹介いたしました。

他の割合につきましては≫「和食の調味料割合と配合一覧」に掲載しておりますのでお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報