スポンサーリンク

あさりの酒蒸しの作り方と割合【鍋で仕上げる方法】

あさりの酒蒸し【作り方手順】今回は、あさりを使った酒蒸しをご紹介したいと思いますので、春の献立作成や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。【あさりの下処理工程】最初に、あさりを立塩と呼ばれる海水程度の食塩水の中に入れ、砂をはかせたあとに水洗いをしてください。≫「立塩」の詳しい内容

鯛のあら煮の作り方【簡単な煮汁割合とコツ】

【鯛のあら煮(あら炊き)、かぶと煮】今回は春が旬の食材「鯛」のあらを煮る方法と酒、醤油の簡単な割合比率をご紹介したいと思います。あら煮(あら炊き)は鯛に限らず、他の魚でも作りやすく、食材を十分に使い切れますので煮物作りの参考にされてはいかがでしょうか。

信田煮、信太煮(しのだに)の語源、由来【和食の煮物 料理用語集】

しのだ煮とは、油揚げを使った煮物につける名称で、きつねうどんを「しのだうどん」、いなり寿司を「しのだ寿司」ということもあります。信田、信太(しのだ)とは、きつねの好物が油揚げという言い伝えから、油揚げを使う料理全般につける名称で、この名の由来は葛の葉ぎつねの伝説で有名な「信太の森(現在の大阪府)」からきています。

東寺餡(とうじあん)の意味とは【和食の煮物 料理用語集】

東寺餡(とうじあん)とは、あんかけ料理に使う「餡(あん)」の一種で、銀餡(ぎんあん)や鼈甲餡(べっこうあん)に湯葉(ゆば)を加えたものです。東寺(とうじ)とは、湯葉の別名として使われる言葉で、京都の東寺(教王護国寺)で作られたことからこの名があり、湯葉料理の総称としても多く使用されています。

煮魚の作り方とコツ!基本手順と簡単割合【6:1の万能比率】

今回は煮魚の基本手順と色々な魚に使える万能煮汁をご紹介したいと思いますので、料理作りの参考にされてはいかがでしょうか。【1】魚を熱湯に通してウロコを取りのぞく【2】酒と水に魚を入れ、しょうがを加えて火にかける【3】砂糖を加えて煮る【4】さらに醤油を加える【5】仕上げにみりんで照りを出すと完成です。

スポンサーリンク