スポンサーリンク

鶏のむね肉を切らずにそのままの形でゆでる方法【食材の下処理手順】

今回は皮を取った鶏むね肉に塩味をつけ、かたまりのままゆでる方法をご紹介したいと思います。鶏のむね肉は火を通すとパサパサとしてかたくなりがちですが、ゆでて冷ましたものは【ハム】のように仕上がり、汁の実や麺料理の具、サラダ仕立て等に使えますので料理作りの

とりミンチを効率よく下ゆでする方法2つと簡単なコツ【鶏味噌、そぼろあんに使えます】

鶏ミンチの下ゆでをする際、肉を湯に入れると塊(かたまり)になって上手くゆでられなかったり、混ぜている箸やしゃもじに鶏肉がくっついてお困りの場合などにお役立ていただきたいと思います。【肉類の煮物関連レシピ】そぼろの作り方とコツ

羊羹(ようかん)にも使われている羹(あつもの)の語源、由来

羹(あつもの)とは、古くから使われている熱い汁物という意味の言葉で、のちに精進料理が発展して「植物性」の材料を使った汁物をさすようになりました。また、植物に対して「動物性」の熱い汁物を「臛(かく)」といい、2つに分けて用いました。■羊羹(ようかん)の語源、由来につきましては「羊羹の語源、意味、由来、和食の歴史」に掲載しております。

スポンサーリンク