かれいの煮くずれを防ぐ揚げおろし煮の作り方とコツ【八方だし煮物レシピ】

スポンサーリンク


「かれいの揚げおろし煮」

今回は八方だしで作る【かれいのおろし煮】をご紹介したいと思います。

かれいは身が崩れやすい魚ですが、粉をまぶして油で揚げてから煮ると煮崩れを防げます。

そして、粉をつけることで味の含みもよくなりますので参考にしてみてください。

かれいの揚げおろし煮

かれいを揚げて煮崩れを防ぐ方法【下準備】

【1】かれいの切り身に薄く小麦粉をつけ、よくはたいてから160~165℃の油で揚げてください。

粉をつけるときにハケを使うと手早く簡単につきます。

注:かれいを揚げる際、やけどをしないよう十分注意してください。

IMG_1545

↓↓↓

IMG_1551

【2】次に、大根をすりおろして辛味と臭みを取るためにさっと真水で洗い、巻きすにあげたあと、力を入れずにコロコロと転がしながら水分を切ってください。

■ 冬場の大根は甘味が強く、臭みも少ないですから水洗いしなくても大丈夫です。

IMG_1657

↓↓↓

IMG_1658

これで、下準備は完了です。

かれいを煮る

【3】このあと「八方だし(煮汁)」を強火で煮立たせて、かれいを入れてください。

「八方だしの割合」

だし
みりん
醤油

■「八方だし」の詳しい内容につきましては「だし汁とは!八方だしの作り方、味つけに困ったときの対処法」に掲載しておりますので参考にしてください。

IMG_1648

【4】そして、強火でもう一度煮立たせて大根おろしを加え、アクを取りながら2~3分煮ると「揚げおろし煮」の完成です。

IMG_1660

↓↓↓

IMG_1715

■ 鍋に火の通りが早い野菜を入れておくと添え物として盛りつけることができます。

【補足ポイント】

魚介類を煮るときに、みりんを使うと身がかたくなりますが「かれい」のようにやわらかい魚の場合は、逆に煮崩れを防いで形よく仕上がります。

また、魚はくさみ消しの土しょうがを入れて煮ますが、下揚げしてから大根おろしを加えますので、入れなくても臭いが気になりません。

【関連】≫「食材の下ごしらえ一覧

野菜レシピ ≫魚介レシピ ≫肉レシピ

≫【煮物の語源、由来、雑学一覧】へ

≫「八方だしを使った煮物レシピ一覧」へ

次回も料理作りにお役立ていただければ幸いです。

最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報