スポンサーリンク

贅沢煮(ぜいたくに)とは【和食の煮物 料理用語集】

贅沢煮(ぜいたくに)とは、輪切りにした沢庵漬け(たくあんづけ)を水にさらして、いったん味を抜き、だし、酒、醤油、みりん、砂糖などで煮上げた料理のことです。【語源】そのまま食べる目的で程よく味つけされた「沢庵」の塩気と香りをわざわざ抜き取り、別の味で煮る調理が贅沢なことから、この名があります。

川煮(かわに)の意味とは【和食の煮物 料理用語集】

川煮とは、新潟県村上市の郷土料理。とれたての鮭(さけ)をすぐに厚さ10㎝ていどの輪切りにし、みそ汁を大鍋でひと煮立ちさせた中に入れて1時間ほど煮ます。これを、わらむしろの上に並べて、4~5 日ていど放置して身を閉め、食べるときは皿に盛りつけて、おろししょうがとしょうゆを添えます。

大船煮(だいせんに)の語源、由来【和食の煮物 料理用語集】

大船煮(だいせんに)の意味【和食の煮物、料理用語集】大船煮(だいせんに)とは鮑(あわび)や鶏肉等の材料を昆布、大豆、小豆などと一緒に煮た料理をいいます。【名の語源、由来】江戸時代に昆布や大豆、小豆などを大阪から江戸へ船で運んだことから料理が発祥し、この名がつけられています。

焼き卸し煮(やきおろしに)とは【和食の煮物 料理用語集】

焼き卸し煮(やきおろしに)とは下焼きした材料を大根おろしを加えた煮汁で煮た料理をいい、揚げた場合は「揚げおろし煮」といいます。【焼き卸し煮の効果】材料の臭みや油っぽさが焼く工程ならびに大根おろしを加えることで、ほどよく中和されます。下揚げしたときは

琥珀煮(こはくに)の意味とは【和食の煮物、料理用語集】

琥珀煮(こはくに)の意味【和食の煮物、料理用語集】琥珀煮とは色煮の一種で、冬瓜などの材料を琥珀色に煮上げた料理のことです。琥珀色とは黄色と茶色を混ぜて透明にしたような色で、砂糖を加熱した透明の飴(あめ)や茶色みがかったビールの色に似ています。例)琥珀飴や琥珀ビールなど。

スポンサーリンク