厚揚げで大根の煮物に旨味をプラスする八方だしレシピ

いつも、ありがとうございます。

今回は大根と厚揚げを一緒に煮るレシピをご紹介したいと思いますので、和食調理にお役立てください。

そして、煮汁は前回と同様の「八方だし」を使いますが、今回は煮干しを厚揚げにかえて油の旨味を加えるレシピです。

スポンサーリンク

大根と厚揚げの煮物

厚揚げの旨味を大根に加える煮物

大根は、米のとぎ汁でアクを取り、やわらかくゆでてください。

【関連】下ゆでの方法につきましては「大根の下ゆで~基本のゆで方」に掲載しておりますので参考にしてください。

「作り方」

(1)最初に八方だしを合わせてください。

【八方だしの割合】

だし
薄口醤油
みりん

■ 八方だしの詳しい作り方につきましては「だし汁とは、八方だしの簡単な作り方」に掲載しております。

そして、鍋に八方だしと下ゆでした大根を入れて強火にかけ、煮汁がひと煮立ちしたところでアクを取り除いてください。

※ 八方だしは大根がかぶる程度の約1.5倍を入れてください。

(2)そして、食べやすく切った厚揚げを加え、落し蓋をしながらコトコトと煮てください。

■ 厚揚げの油が気になる方は、熱湯で油抜きをしてください。

(3)このあと、アクを取りながら煮汁を材料の高さまで煮詰め、自然に冷まして味をなじませると完成です。

■ 煮汁に甘味を加える場合は砂糖を少量入れてください。

IMG_0792 (2)

「すぐに食べない場合の注意点」

大根が煮上がったときの煮汁が少ないと、だしから出ている部分に味が染み込まず、腐敗を早める原因にもなりますので、仕上がりのだしが具の高さになるよう煮てください。

また、今回の大根を里芋やかぶらにかえても同じように作れます。

里芋の下ゆで方法

米のとぎ汁がないときのゆで方

大根をかぶらにかえる場合

かぶらは大根に比べて甘味があり、下ゆでせず、じかに炊いてもやわらかく仕上がります。

そして、下ゆでしない場合は、かぶらのもつ風味が生かされ、栄養がゆで汁に逃げないことがメリットです。

また、やわらかくする注意点は、皮を筋のある部分までむくことで、むいた皮はそれほど固くありませんから、刻んで漬け物にすると全て食べられます。

豆腐で厚揚げを作る方法

厚揚げは、別名「生揚げ」ともいい豆腐を揚げて作ります。

手作りの厚揚げと一緒に大根を煮ると、また違う美味しさが味わえます。そして、揚げたてをそのまま生姜醤油で食べると、酒のさかなにもなります。

「作り方」

豆腐を厚めに切ってまな板などで約10分重しをかけ、水分を切ったあと高温(180℃)の油で揚げると「厚揚げ」が作れます。

「揚げるときのポイント」

豆腐を油に数個入れると、豆腐どうしが鍋の中心に集まってくっつこうとしますので、5つほど鍋に入れたあと、表面が固まるまで、箸で優しく転がしてください。

そうすると、豆腐どうしがくっつかずに揚がります。

【関連記事】

里芋と薄揚げの煮物レシピ

煮干しの旨味をプラスした大根の煮物

⇒「煮物に大事な下ごしらえ一覧

■「~八方だしを使った煮物一覧

野菜レシピ ○魚介レシピ ○肉レシピ

【参考】「大根の健康効果

身体に対する薬効、効能と効果的な食べ方

煮物の雑学、豆知識一覧

次回も料理作りにお役立ていただければ幸いです。

最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報