八幡煮の意味(やわたにのいみ)【和食の煮物 料理用語集】

【八幡煮(やわたに)の意味】

スポンサーリンク

和食の煮物、料理用語集

八幡煮(やわたに)とは

八幡巻きにした材料を「煮る」という調理作業を用いて仕上げた料理のことです。

(例)

牛肉の八幡煮、鶏肉の八幡煮

うなぎの八幡煮、はもの八幡煮

穴子の八幡煮、太刀魚の八幡煮など

八幡巻きとは

京都府の八幡地方で名物のごぼうが産出したことからつけられた名称で、本来は肉、魚、湯葉などで「ごぼう」を巻く料理ですが、現在ではアスパラやウド等を使った場合もこの名を用います。

【参考】

調味料割合と配合一覧を見る

料理別の簡単な調味料割合一覧表へ

煮物に使える飾り切り方法一覧

煮汁、だし、たれ、あわせ酢

【調味料割合と配合50音順一覧】

煮物の語源、意味、由来

【煮物の料理用語集50音一覧】今回は煮物に関連した「語源、意味、由来」などを料理別に整理いたしましたので、煮物の献立や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。■各煮物や調理法に移動いたします。

【他の料理用語集】

和食の献立、料理用語集一覧

献立別の料理用語集まとめ

【語源、意味、由来一覧を見る】

焼き物手法と串の打ち方一覧

料理の雑学、豆知識一覧

料理の語源、意味、由来50音順一覧へ

【和食の献立集】

煮物の献立一覧を見る

季節別、旬の食材一覧へ

煮物や他の料理に使える飾り切りにつきましては≫「和食でよく使う飾り切り方法【100選】基本手順と切り方のコツ!」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク