川魚でよく作る煮びたしとは【和食の煮物 料理用語集】

スポンサーリンク


煮浸し(にびたし)の意味

和食の煮物、料理用語集

煮浸し「にびたし」

たっぷりと合わせた薄味の煮汁で時間をかけて材料を煮含めた料理のことで、主な材料に鮎やアマゴなどの川魚があり、一度素焼き(白焼き)にしてから煮ます。

そして、煮びたしは本来、保存のために焼いて干した川魚の身をやわらかくもどすように弱火で煮る手法です。

また、野菜を煮びたしにするときは下ゆでするなどして、材料に火を通してから薄味の煮汁で短時間煮る、あるいは冷やした煮汁に浸け込んでください。

【料理用語関連】

他の煮物用語や料理の語源につきましては≫「煮物の語源、意味、由来【料理用語集一覧】」に掲載しておりますので参考にしてください。

【煮物の料理用語集50音一覧】今回は煮物の語源、意味、由来などを料理別50音順に整理いたしましたので、和食調理や煮物の献立の参考にされてはいかがでしょうか。

≫「煮汁の割合50音一覧」へ

≫「刺身の種類と造りの名称一覧

≫「焼き物関連、串の打ち方一覧

≫「焼き物用語、語源、由来一覧

≫「蒸し物用語、語源、由来一覧

≫「揚げ物用語、語源、由来一覧

≫「語源や意味、料理用語集」へ

≫「料理の雑学一覧

料理用語関連【あ段~わ段】

」 「」 「」 「」 「

」 「」 「」 「」 「

≫「料理の語源、豆知識 50音

≫「日本料理、煮物の献立一覧

煮物作りや和食調理にお役立てください。

次回は違う料理用語でお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報