栂尾煮(とがのおに)の語源、由来【和食の煮物 料理用語集】

スポンサーリンク


「栂尾煮(とがのおに)の語源、由来」

和食の煮物、料理用語集

栂尾煮(とがのおに)とは

さつま芋で作る砂糖煮のことで、皮をむいてやわらかくゆでてから、砂糖を加えて煮込みます。

本来は芋の表面を少し煮崩してつや良く煮上げますが、ミョウバンを使って煮崩れないように煮る場合や、クチナシで黄色く色付けしてから煮ることもあります。

栂尾煮の由来

京都、栂尾の高山寺というお寺で精進料理として作られたという説や、祇園神社の参道にあった栂尾という名の料理屋で創案されたという説があります。

【料理用語関連】

【煮物の料理用語集50音一覧】今回は煮物の語源、意味、由来などを料理別50音順に整理いたしましたので、和食調理や煮物の献立の参考にされてはいかがでしょうか。

煮汁の割合50音一覧を見る

刺身の種類と造りの名称一覧

焼き物関連、串の打ち方一覧

焼き物用語、語源、由来一覧

蒸し物用語、語源、由来一覧

揚げ物用語、語源、由来一覧

料理の献立用語集、語源、意味一覧

料理の雑学、豆知識一覧

料理用語関連【あ段~わ段】

」 「」 「」 「」 「

」 「」 「」 「」 「

≫「料理の語源、豆知識 50音一覧

和食の献立集、煮物一覧を見る

今回は、とがのお煮をご紹介いたしました。

他の料理用語や語源につきましては≫「煮物の【語源、意味、由来】料理用語集一覧」に掲載しておりますのでお役立てください。

次回は違うメニューでお目にかかりたいと思います。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報