スポンサーリンク

わらびのお浸しで作れる小鍋料理【わらび鍋の作り方】

和食の小鍋仕立て【わらび鍋】今回は春の会席料理で使える簡単な小鍋仕立てをご紹介したいと思いますので、煮物がわりや台の物など和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。わらびの詳しい下処理内容につきましては、わらびの簡単な下処理方法【灰を使ったアク抜き手順】に掲載しております。

追い鰹(おいがつお)の意味とは【和食の煮物用語集】

追い鰹(おいがつお)とは、料理にかつお節の旨味を加える調理法で、たけのこ、里芋などの煮物や天だし、めんつゆに多く使います。追いがつおの方法2つ、野菜は調味だしで煮ることが多いですが、煮汁に旨味を加えるため、けずり節をガーゼ、または木綿袋で包んで材料のわきに入れたり、落としぶたのようにおおって煮出してください。

煮抜き玉子(にぬきたまご)とは【和食の煮物 料理用語集】

煮抜き玉子とは、ゆで玉子の別名で、一般には「煮抜き」と書くことから、完全に火を通した状態をさす場合が多く、半熟玉子とは区別して使う言葉です。※完全に火が通っていない「ゆで玉子」を煮抜きという場合もありますので、必ずしも間違いという訳ではありませんが「半熟の煮抜き玉子」という表現は、あまりしませんので注意してください。

吸い地煮(すいじに)の意味とは【和食の煮物、料理用語集】

吸い地煮(すいじに)とは【吸い物だし】を使用して材料を煮たときの料理名で、色をつけたくない場合や青味野菜の煮物などに用います。また、椀物の具を煮る場合や、だしの旨味と香りを材料に含ませる目的で行うなど、うすめの味つけを施すときにもよく使う調理方法です。

南蛮煮(なんばんに)の語源、由来【和食の煮物 料理用語集】

南蛮煮(なんばんに)とは、主になる材料をねぎと一緒に煮た料理や唐辛子を使って辛みをつけた煮物のことです。また、材料を油で炒めたり、揚げたりしてから煮たものも「南蛮煮」といいます。南蛮(なんばん)とは、江戸時代に南蛮と呼ばれたオランダ、スペイン、ポルトガルなどから伝わった調理法を取り入れた料理につける総称で、ねぎ、唐辛子、油を使うのが特徴です。

スポンサーリンク