ゆで玉子を作る時の目安時間2つ,殻をむきやすくするコツ

スポンサーリンク


「ゆでたまごの目安時間とコツ」

今回は、ゆで玉子を作るときの簡単なコツをご紹介したいと思いますので、料理作りにお役立てください。

ゆで玉子の目安時間とコツ

ゆで時間の目安2つ

  1. 沸騰している湯に入れる場合
  2. 水に玉子を入れるときの時間

※玉子は、ゆでる前に冷蔵庫から出して、常温にしておいてください。

そして、殻が割れたときに卵白が出てこないようにするため、水には塩と酢を少量加えてください。

1、沸騰している湯に入れる場合

湯が沸騰している場合は、玉子を入れて一旦温度が下がったあと、再度煮立ってから約8分を目安にしてください。

そして、入れるときは殻が割れないよう、穴あきのお玉で静かにしずめてください。

そうすると、丁度良い具合に火が通ります。

■ この時間は冬場の寒い時期や、冷蔵庫から出したての冷たい玉子のときは長くなりますので、調節してください。

2、水に玉子を入れるときの時間

水から玉子をゆでる場合は、強火にかけたあと、約12分が目安時間です。

■ この場合も、冬場は長くかかり、玉子の量が多いと沸騰するまでに時間がかかりますので、調節してください。

※ 大量の卵を大きな鍋でゆでる場合は、水から火にかけたときも、沸騰してから約8分を目安にしてください。

殻をむきやすくする簡単なコツ

玉子の殻をむきやすくするためには、ゆで上がったあと、冷水に取って完全にさましてください。

そして、ひえたあと、水の中で殻をむいていただくと、身がしまってむきやすくなります。

■ 玉子が中まで冷たくなっているのを確かめる方法は、約30秒間、手で握って中の熱が伝わってこなければ大丈夫です。

「玉子を冷水に入れるもう1つの効果」

玉子は15分以上高温でゆでると、卵黄の表面が暗い緑色になりますが、冷水でひやすことで変色がおさえられます。

今回は、ゆで玉子のコツをご紹介いたしましたが、鮮度が良い玉子は、冷たくひやしても殻がむきにくくなりますので、しっかりと下処理をしてむきづらい場合は新しい証拠ですから安心してを調理してください。

八方だしを使った煮物一覧

⇒「食材の下ごしらえ一覧

⇒「野菜の煮物レシピ一覧

⇒「魚介の煮物レシピ一覧

⇒「肉類の煮物レシピ一覧

【参考】

⇒「季節別~旬の食材一覧表

⇒「煮物に役立つ飾り切り一覧

⇒「煮汁の割合と配合50音一覧

⇒「鍋料理を作る時の煮汁割合一覧

⇒「料理別~煮汁の割合と配合一覧表

⇒「酢の物用あわせ酢の調味料割合一覧

煮物作りにお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報