長芋の白梅煮【作り方と煮汁割合正月】おせち料理の煮物

「正月に役立つおせち料理の煮物」

今回は、おせち料理の三段目(煮しめ重)に入れる「長芋の白梅煮」をご紹介したいと思いますので、節句料理の献立や和食調理にお役立てください。

スポンサーリンク

正月~おせち料理の煮物

長芋の白梅煮、作り方と割合

【1】最初に、長芋を約1㎝に切り分けて「梅」の型で抜いてください。

そして、水でさらしながら、ぬめりを落ち着かせてください。

■ 梅の切り方とねじりの入れ方につきましては≫「梅人参の切り方と、ねじり梅の方法」に掲載しております。

【関連】

⇒「長芋を割れないように切る簡単な方法

【2】次に、2つの鍋を用意して、片方では湯を沸かし、もう片方で水に砂糖を煮溶かしてシロップを作ってください。

シロップの水と砂糖の割合

600cc
砂糖 300g

【3】そして、湯に長芋を入れて、沸騰させないよう約5分間ゆでてください。

「下ゆでの注意点」

このときに強火で煮立たせると、梅の形がくずれますので注意してください。

【4】長芋をゆでるのと同時進行で、鍋の横にシロップを用意して火にかけてください。

そして、芋がくずれないよう穴開きお玉でやさしくすくって、そっとシロップにうつしてください。

【5】このあと、約5分間、煮立たせないよう中火程度で煮ると「白梅煮」の完成です。

※ 煮るときも火が強すぎると、芋がくずれますので注意してください。

■ 芋がシロップで動かない火の強さを目安にしていただくと、煮くずれせず仕上がります。

「盛りつけ例」

⇒「くわいの色付け方法はこちらです

■ 皮むき方法の詳しい内容につきましては≫「野菜の飾り切り、六方くわいの切り方手順とコツ」に掲載しておりますので参考にしてください。

おせち料理の煮物関連

⇒「車海老のうま煮の作り方と割合

⇒「にしんの昆布巻きを割合で煮る方法

にしんの昆布巻きを割合で煮る方法~今回は、おせち料理に役立つ昆布巻きの作り方をご紹介したいと思います。そして、今回はにしんを巻きますが、鯛の子やたら子(※すけ子)、鮭でも同じように作れますので、おせち料理の参考にされてはいかがでしょうか。

⇒「煮染め(にしめ)の語源と意味

⇒「雑煮(ぞうに)の語源、由来とは

⇒「おせち料理に、ごぼうを使う理由

⇒「おせち料理に鰤(ぶり)を使う理由

⇒「おせちに数の子とにしんを使う理由

⇒「数の子のうす皮むきと下処理のコツ

数の子の塩抜き方法と薄皮をむくときの「簡単なコツ!」今回は、おせち料理や祝い膳によく使う数の子の下ごしらえをご紹介したいと思いますので、正月の献立や和食調理にお役立てください。数の子の薄皮をむくのは、手間と時間がかかって大変な作業ですが、コツをつかむとむきやすくなります。

おせち料理に込められた幸福になるための願いと理由につきましては≫「おせち料理の食材がもつ語源、意味、由来8つ」に掲載しております。

⇒「その他のおせち料理、正月関連一覧

【他の煮物レシピ】

⇒「八方だしを使った煮物一覧

⇒「食材の下ごしらえ一覧

⇒「野菜の煮物レシピ一覧

⇒「魚介の煮物レシピ一覧

⇒「肉類の煮物レシピ一覧

⇒【煮物の語源、由来、雑学一覧】へ

【参考】

⇒「季節別~旬の食材一覧表

⇒「煮物に役立つ飾り切り一覧

⇒「和食の調味料割合と配合一覧

⇒「煮汁の割合50音一覧【あ~】

⇒「料理別~煮汁の割合と配合一覧表

⇒「酢の物用あわせ酢の割合と作り方一覧

料理作りにお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報