車海老のうま煮の作り方と割合【おせち料理や正月にも役立つ煮物】

「車海老のうま煮の作り方と割合」

今回は、おせち料理に使える「車海老のうま煮」をご紹介したいと思いますので、節句料理や重詰めの献立など、和食調理にお役立てください。

スポンサーリンク

正月「おせち料理の煮物」

車海老のうま煮、作り方と割合

【1】最初に、生きている車海老の頭と胴の間に串を入れ、背わたを取ってください。

■ 色をきれいに出すためには、生きた海老を使用してください。

※ 死んでいる車海老や冷凍ものは赤色がうすくなり、黒くなる場合もありますので注意してください。

また、祝い料理のときは縁起をかつぎますので、ひげと尾は切らなくても大丈夫です。

※ 祝膳以外の料理や見ため上、必要な場合は切りそろえてください。

【2】次に、熱湯に生きたままの海老を入れ、霜降りしてください。

注:このとき、海老が跳ねてヤケドをする恐れがありますので、静まるまで蓋をしてください。

そして、霜降りと同時進行で、煮汁を作って温めてください。

車海老の煮汁割合

「車海老10尾分」

だし 200㏄
200cc
みりん 50㏄
濃口醬油 50㏄
砂糖 60g
しょうがのスライス 約4~5枚

【3】このあと、煮汁に海老を入れ、ひと煮立ちさせてアクを取り、強火のまま約5分間煮てザルにあげてください。

そして、殻が熱で乾燥しないよう、ぬれタオルやキッチンペーパーをしぼってから、かぶせてください。

【4】最後に、煮汁を別容器で冷やして海老をもどし、半日ていど味をなじませると「旨煮」の完成です。

「盛りつけ例」

「おせち料理の盛りつけ例」

おせち料理の煮物関連

⇒「くわいの色付け方法

⇒「白梅長芋の作り方と割合

⇒「にしんの昆布巻きを割合で煮る方法

にしんの昆布巻きを割合で煮る方法~今回は、おせち料理に役立つ昆布巻きの作り方をご紹介したいと思います。そして、今回はにしんを巻きますが、鯛の子やたら子(※すけ子)、鮭でも同じように作れますので、おせち料理の参考にされてはいかがでしょうか。

⇒「煮染め(にしめ)の語源と意味

⇒「雑煮(ぞうに)の語源、由来とは

⇒「おせち料理に、ごぼうを使う理由

⇒「おせち料理に鰤(ぶり)を使う理由

⇒「おせちに数の子とにしんを使う理由

⇒「数の子のうす皮むきと下処理のコツ

数の子の塩抜き方法と薄皮をむくときの「簡単なコツ!」今回は、おせち料理や祝い膳によく使う数の子の下ごしらえをご紹介したいと思いますので、正月の献立や和食調理にお役立てください。数の子の薄皮をむくのは、手間と時間がかかって大変な作業ですが、コツをつかむとむきやすくなります。

おせち料理に込められた幸福になるための願いと理由につきましては≫「おせち料理の食材がもつ語源、意味、由来8つ」に掲載しております。

⇒「その他のおせち料理、正月関連一覧

【他の煮物レシピ】

⇒「八方だしを使った煮物一覧

⇒「食材の下ごしらえ一覧

⇒「野菜の煮物レシピ一覧

⇒「魚介の煮物レシピ一覧

⇒「肉類の煮物レシピ一覧

⇒【煮物の語源、由来、雑学一覧】へ

【参考】

⇒「季節別~旬の食材一覧表

⇒「煮物に役立つ飾り切り一覧

⇒「和食の調味料割合と配合一覧

⇒「煮汁の割合50音一覧【あ~】

⇒「料理別~煮汁の割合と配合一覧表

⇒「酢の物用あわせ酢の割合と作り方一覧

料理作りにお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報