いかげその煮物【下ごしらえとコツ】魚介類の下処理方法

いかげそを下処理する方法とコツ

今回は、いかげその下処理法をご紹介したいと思いますので、煮物作りの参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

紋甲いかのげそを下処理する方法

今回は比較的やわらかい紋甲いかを使った手順です。

いかげその下ごしらえ

「下処理方法」

(1)
いかげそを水洗いして足先を少し切り落とし揃えてください。

IMG_1725

(2)
次に、げその吸盤は煮物にすると固いですから、包丁で足先に向かってしごき取ります。

IMG_1727

(3)
取り除くと写真のようになります。

IMG_1728

(4)
そして、軟骨も固いので同様に包丁で取り除いてください。

IMG_1732(5)
取り除くと写真のようになります。

IMG_1731

(6)
このあと、熱湯に通して霜降りをしてください。

IMG_1733

(7)
約10秒間熱湯に通し、氷水の中にとってください。

IMG_1736
これで、紋甲いかのげその下処理が完了です。

このあと水分をふき取り、煮汁の中に入れてください。

IMG_1740
紋甲いかのげそで作る煮物は、やわらかく仕上がりますので下処理の参考にされてはいかがでしょうか。

【次の煮物】

いかの下足をやわらかく煮る方法

IMG_1762

【参考】

煮物の割合レシピ

料理別、煮汁の割合一覧表

八方だし煮物レシピ一覧

―姉妹サイト―

野菜の飾り切り、切り方のコツ一覧

こちらもお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報