鰹蓋(かつおぶた)の意味とは【和食の煮物 料理用語集】

スポンサーリンク


【鰹蓋(かつおぶた)の意味】

和食の煮物、料理用語集

鰹蓋(かつおぶた)とは

かつお節の旨味を加える場合に削りがつおをガーゼやキッチンペーパーに包んで材料にかぶせ、落とし蓋のようにして煮出す調理法で、たけのこや里芋を煮るときに多く使います。

また、削りがつおをふんだんに使った煮物を「大名煮」といい、蓮芋(はすいも)や白ずいきなど、持ち味が淡白な食材で作ります。

■ 蓮芋(はすいも)とは里芋の葉柄(ようへい)専用品種のことで、緑色をしたずいきをこの名で呼びます。

※ 葉柄(ようへい)とは葉と茎の間にある、葉を支えている部分のことで、茎と同じような構造をしています。

かつおぶたの方法を見る

煮物用語集【大名煮】とは

追い鰹(おいがつお)とは

【料理用語関連】

【煮物の料理用語集50音一覧】今回は煮物の語源、意味、由来などを料理別50音順に整理いたしましたので、和食調理や煮物の献立の参考にされてはいかがでしょうか。

献立別の料理用語集一覧へ

料理の雑学、豆知識一覧

【あ段~わ段】

【あ】 【か】 【さ】 【た】 【な】

【は】 【ま】 【や】 【ら】 【わ】

料理用語集 50音検索一覧

煮汁の割合50音一覧を見る

和食の献立集、煮物一覧を見る

今回は鰹蓋をご紹介いたしました。

他の料理用語や語源につきましては≫「煮物の【語源、意味、由来】料理用語一覧」に掲載しておりますのでお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報