かぼちゃの煮くずれを防ぐ【鶏そぼろ煮】の作り方~鶏の旨味を加えて煮る方法

八方だし煮物レシピ「かぼちゃと鶏の煮物」

八方だしでかぼちゃを煮崩れさせずに煮る方法「応用編」

今回は前回のかぼちゃの煮物を応用した作り方をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

かぼちゃの煮物に動物性の旨味をプラスする方法

かぼちゃ、南瓜、そぼろ煮

今回は手早く旨味をプラスするために、鶏の切り身ではなくミンチをそぼろにして使います。

かぼちゃの煮物「応用編」

■ かぼちゃを色よく煮る方法につきましては「かぼちゃを煮崩れさせずに色よく煮る方法」に掲載しております。

そして、本記事からご覧になられる方は⇒「だし汁とは、八方だしの簡単な作り方とコツ」の方もお役立ていただければ幸いです。

IMG_0057

今回もかぼちゃは、あらかじめ下ゆでして水分を切ってください。

■ かぼちゃの詳しい下ゆで方法につきましては「かぼちゃの煮くずれを防ぐ下ゆで方法」をお役立てください。

IMG_0965

「鶏そぼろ煮の作り方」

(1)

鍋に少量の油を引いて鶏のミンチを強火で炒め、濃口醤油を少量加えて香りと下味をつけてください。

(2)

そして、鶏肉に火が通ったあと、鍋に八方だしを加えてひと煮立ちさせてください。

「八方だし」の作り方は⇒だし:薄口醤油:みりんを【8:1:1】の割合で合わせ、ここに砂糖を0.5入れて甘みを加えてください。

(3)

煮汁がひと煮立ちしたあとアクを取り除いてそのまま冷やし、先ほど下ゆでしたかぼちゃを浸けて半日程度味をなじませると「かぼちゃと鶏ミンチの煮物」の完成です。

IMG_0995

↓↓↓

IMG_1002

かぼちゃを浸ける八方だしに炒めたミンチを加えると、簡単に作れますので参考にしてみてください。

また、八方だしを手早く作る方法につきましては⇒八方だしを手早くつくるコツ!ひじきの煮物を簡単に作れるレシピに掲載しております。

つくねを使って煮る場合

つくねレシピで鶏団子を作ってかぼちゃと一緒に仕上げる方法です。

焼き鳥屋さんのつくねレシピ

【つくねの割合レシピ】

鶏もも肉ミンチ 400g
鶏む肉ミンチ 400g
豚肉ミンチ 100g
やげん軟骨 100g
全卵 1個
市販の焼き鳥だれ 200cc
おろししょうが 小さじ1/2
玉ねぎのみじん切り 1/2個分

やげん軟骨は、口にあたらないように細かく刻んで混ぜ合わせてください。

「やげん軟骨」とは三角形の軟骨のことで、丸い軟骨は「げんこつ」と言います。

■焼いて食べる場合、刻みネギや粗挽きコショウがよく合います。

また、このつくねを鉄板やフライパンで焼き、卵黄をつけて食べるとおいしいです。

「作り方」

熱湯で丸めたつくね生地の表面を固めて臭みとアクを取り除いてください。

そして、八方だしで団子に火を通してから煮汁を冷やし、その中にかぼちゃを浸けて味を含ませてください。

■ つくねの表面をゆでずに焼いて火を通すと香ばしく仕上がります。

こちらは少し手間がかかりますが、焼きつくね生地とともに参考にされてはいかがでしょうか。

【関連】かぼちゃの切り方につきましては⇒「かぼちゃを四角く揃えて切る安全な方法~簡単なコツと注意点」に掲載しております。

【次の煮物】

■⇒海老の芝煮「作り方」

~手早く簡単!八方だし煮物レシピ

【関連】

■⇒八方だし煮物レシピ一覧

■⇒料理別~煮汁の割合と配合の一覧表

―姉妹サイト―

【八方だしの作り方】

八方だしの詳しい内容はこちらを参考にしてください。

⇒「塩八方、酒八方、濃口八方、薄口八方

【参考】⇒かぼちゃの薬効、健康効果

豊富なカロチンが細胞の老化を防ぐ

次回も料理作りにお役立ていただければ幸いです。

最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報