秋鮭と生ふの酒かす煮【簡単な作り方とコツ】八方だし煮物レシピ

スポンサーリンク


秋の味覚【鮭の酒かす煮】

今回は秋鮭を八方だしと酒かすで煮る方法をご紹介したいと思いますので、煮物作りや和食調理などにお役立てください。

■鮭の脂には独特のにおいがありますが、煮る前に下焼きしておくと、余分な脂が落ちて臭みが抑えられ、「お椀物」としても使えますので参考にしてください。

秋鮭と生ふの酒かす煮

酒かす煮の作り方

「煮汁の作り方」

煮汁は、だし:酒:薄口醤油:みりんを【8:1:1:1】で合わせてください。

■ この煮汁に後で酒かすを加えてください。

だし
薄口醤油
みりん

【関連】

■ 八方だしの詳しい内容につきましては「だし汁とは!八方だしの簡単な作り方と合わせ方のコツ」に掲載しておりますので参考にしてください。

※ 小さいお子さんやアルコールが苦手な方がおられるときは酒を加えないでください。

そして、椀物にする場合は、だしの量を16~20にしてください。

「酒かす煮の作り方」

【1】最初に、鮭の切り身と生ふを焼き台やグリルで下焼きしてください。

■ 生ふは焼きすぎたり、火が弱いとふくれますので、近火でさっと焼き色をつけてください。

【2】そして、小さくちぎった酒かすを煮立たせた煮汁に加え、味噌をとかすように煮溶かしてください。

酒かすを煮溶かすときのコツ

酒かすは冷たい状態で煮汁に入れると完全に溶けるまでに時間がかかりますので、電子レンジや蒸し器で一度温めてください。

そして、なめらかな煮汁にするときは、ちぎった酒かすをミキサーの中に入れ、ほんのりと温めた煮汁を加えてバナナジュース状にしてから煮ると、口あたりが良くなります。

■この方法は会席料理などの「先吸い、椀盛り」で酒かす仕立ての吸い物を作るときにも応用できます。

【3】このあと、短冊に切って下ゆでした人参、大根を加えてください。

そして、鮭と生ふをさっと煮ると「酒かす煮」の完成です。

■ 香りは七味唐辛子がよく合い、青味野菜に菊菜や、せりを使うと季節感が出ます。

今回は鮭のかす煮をご紹介いたしましたが、同じ作り方で鮭をぶりに変えてもよく合いますので小鍋仕立てなどにも応用してください。

【関連】

⇒「秋鮭ときのこの煮物レシピ

⇒「簡単な鍋だしの作り方10選

八方だしを使った煮物一覧

⇒「食材の下ごしらえ一覧

⇒「野菜の煮物レシピ一覧

⇒「魚介の煮物レシピ一覧

⇒「肉類の煮物レシピ一覧

⇒【煮物の語源、由来、雑学一覧】へ

【参考】

⇒「季節別~旬の食材一覧表

⇒「煮物に役立つ飾り切り一覧

⇒「和食の調味料割合と配合一覧

⇒「煮汁の割合と配合50音一覧

⇒「料理別~煮汁の割合と配合一覧表

⇒「酢の物用あわせ酢の調味料割合一覧

煮物作りにお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報