冬の煮物,かぶの鶏そぼろ煮の作り方と割合「八方だし煮物レシピ」

「冬の煮物、かぶの鶏そぼろ煮」

今回は冬が旬のかぶと鶏肉を合わせる「そぼろ煮」をご紹介したいと思いますので、煮物作りにお役立てください。

スポンサーリンク

冬の八方だし煮物レシピ

かぶの鶏そぼろ煮の作り方と割合

かぶそぼろ煮

材料(目安分量)

小かぶ 3個
鶏ミンチ 100g

■ 大きなかぶを使う場合は1個、用意してください。

「煮汁の割合(八方だし)」

だし汁
薄口醤油
みりん

■ この分量を同じお玉で順番に杯数をかぞえながら鍋に入れてください。

※ そして、甘味を加える場合は砂糖を少量入れてください。

八方だし」の詳しい作り方につきましては⇒「だし汁とは!八方だしの簡単な作り方とコツ」に掲載しております。

かぶと鶏ミンチの下ごしらえ

「かぶの下処理」

【1】小かぶは、葉を切り落として水洗いしたあと、上下を水平に切り落として皮を厚めにむいてください。

「注意点」

■ かぶや大根を、やわらかい煮物に仕上げるコツは、外皮のひと回り内側にある繊維の強い部分まで厚めに皮をむくことです。

そして、この部分がついていると、食べたときに筋が口の中で残りますので注意してください。

かぶ,釜,六方むき,飾り切り

【2】皮をむいたあと、食べやすい大きさに切り分けてください。

これで、かぶの下処理は完了です。

かぶは大根に比べると甘味が強く、短時間でやわらかくなりますので、下ゆでせずに煮ても大丈夫です。

※ かぶを丁寧に煮るときは下ゆでをしますが、そのままの方が甘味、風味、栄養分が湯に流れ出ない分、煮汁に残りますので、食材の持ち味を楽しむことができます。

■ ご家庭でされる場合は、そのまま煮る方がおすすめです。

そして、下ゆでするのには大きく2つの理由あり、ひとつは味を染みこみやすくするためと、もうひとつは色を白くして、見た目よく仕上げるためです。

どちらの方法でも間違いではありませんので、合わせる食材や利用方法によって使い分けをしてください。

■ 下ゆで方法につきましては⇒「大根を米のとぎ汁で、下ゆでする基本手順」に掲載しております。

「鶏ミンチの下処理」

【1】鍋に熱湯を用意して、鶏ミンチを中に入れてください。

【2】そして、肉が固まらないよう、かき混ぜながら「そぼろ状」にゆでてください。

【3】このあと、ザルにあげて水けを切ってください。

「鶏そぼろのコツと注意点」

■ 鶏そぼろが少量のときには、泡立て器でかき混ぜると早いですが、一度にたくさん作る場合は、ステンレス棒の中にミンチ肉が入り込んで取りづらくなると思います。

そのような場合は、湯の量を多くして、数本の箸を束ねて持ち、箸先が少し広がるようにして、そぼろをかき混ぜると固まらずに作れます。

【関連】

鶏そぼろを作るときの詳しい内容につきましては⇒「鶏そぼろをパラパラにする方法とコツ!泡立て器を使わない作り方」に掲載しておりますので参考にしてください。

かぶと鶏ミンチを煮る工程

【1】鍋に分量の煮汁(八方だし)を合わせて強火にかけ、ひと煮立ちしたところに鶏そぼろを加えてください。

そして、もう一度煮立たせて、アクを取ってください。

【2】このあと、かぶを煮汁に入れてください。

そして、ある程度煮立ったところで中火に落とし、かぶが踊らないよう「コトコト」とやわらかくなるまで煮てください。

(目安時間)

加熱時間は、かぶの大きさによって異なりますが、15分~20分煮ると丁度良いやわらかさに仕上がります。

■ 煮くずれを防ぐ場合は「面取り」をしてから煮てください。

【3】このあと、鍋を火からおろして、常温でそのまま味をなじませるとの完成です。

今回の「そぼろ煮」は大根や里芋でも応用でき、夏場は冬瓜を煮て冷やすと、夏らしい涼しげな煮物に仕上がります。

そして、そぼろを海老にしても作れますので参考にしてください。

【参考】

⇒「冬瓜を色よく煮る方法と重曹の使い方

とうがんえびそぼろ煮

※ 大根や里芋でされる場合はアクが強いですから、下ゆでをして煮た方がクセの少ない味に仕上がります。

【かぶの煮物関連レシピ】

■⇒「かぶの持ち味をいかした風呂吹き

■⇒「かぶで作る風呂吹きの語源、由来

八方だしを使った煮物一覧

⇒「食材の下ごしらえ一覧

⇒「野菜の煮物レシピ一覧

⇒「魚介の煮物レシピ一覧

⇒「肉類の煮物レシピ一覧

【参考】

⇒「季節別~旬の食材一覧表

⇒「料理別~煮汁の割合と配合一覧表

煮物作りにお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報