ぶりのかまを煮物に使う時の下処理と大きさを揃える切り方

【鰤(ぶり)かまの下ごしらえ】

今回は、ぶりのかまを煮るときの下処理方法をご紹介したいと思いますので、煮物の献立や冬会席の参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

ぶりのかまの下処理方法

うろこの処理とコツ

ぶりのうろこは小さいですが頑丈なため、かまを湯につけて霜降りをしてもきれいに取るのが大変です。

そして、うろこを立たせようと長く湯につけると皮がはがれやすくなり、下処理に手間がかかります。

ですから、水洗いの工程で包丁を使ってうろこをすき引きして、皮からはがした後に「かま」を切り取ってください。

そうすると、白い皮の部分は身に残った状態で、うろこだけがきれいに取れます。

1/4に切り分ける方法

ぶりのかまは4つに切ると、大きめの一口大にそろいます。

切り方手順

【1】最初に、胸びれがついている上の部分を切り取ってください。

【2】そのあと、腹びれがついている下の部分を3つに切り分けてください。

ぶりかまの切り分け方1/4

そうすると、大きさがほぼそろいます。

※ ぶり1尾の大きさが4㎏を超える場合は5つに切り分けてください。

下焼きをして生臭みを抑える

ぶりは脂分が多く、かまは特に脂っぽいため、煮るという調理法では生臭さが気になる方がおられます。

そのような場合は、煮る前に下焼きをすると余分な脂と水分が抜け落ちますので生臭さが抑えられます。

【関連】

水から30分間煮る【ぶり大根】今回は、ぶり大根を煮る工程とだしを取る手順を一緒に行う方法をご紹介したいと思いますので、煮物の献立作成や和食調理の参考にされてはいかがでしょうか。
【大根と人参の皮を使ったきんぴら】今回は大根と人参の皮に、ちりめんじゃこの旨味を加えた炒め煮をご紹介したいと思いますので、まかない料理の参考にされてはいかがでしょうか。関連【金平(きんぴら)の語源、由来とは】
今回は煮魚が敬遠される3つの原因と対処法をご紹介したいと思いますので、料理作りの参考にされてはいかがでしょうか。敬遠される3つの原因①生臭さが残る。②煮くずれをおこす。③味加減がわかりづらい。
今回は煮魚の基本手順と色々な魚に使える万能煮汁をご紹介したいと思いますので、料理作りの参考にされてはいかがでしょうか。【1】魚を熱湯に通してウロコを取りのぞく【2】酒と水に魚を入れ、しょうがを加えて火にかける【3】砂糖を加えて煮る【4】さらに醤油を加える【5】仕上げにみりんで照りを出すと完成です。

冬の煮物レシピ一覧を見る

魚介の煮物レシピ一覧を見る

冬の食材50音順一覧表を見る

今回は、ぶりかまの下処理方法をご紹介いたしました。

ぶりの骨からだしを取る方法につきましては≫鰤(ぶり)だしの取り方手順【魚のあらを無駄なく使う方法】に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク