魚の煮くずれを防いで食べやすくする方法【中骨を取るコツ】

スポンサーリンク


煮魚を食べやすく煮る下ごしらえ【骨抜き】

今回は魚を筒切りして中骨を取りのぞき、煮くずれを防いで食べやすくする方法とコツをご紹介したいと思いますので料理作りの参考にされてはいかがでしょうか。

煮魚の中骨を取る方法

筒切りさんまの下ごしらえ、骨の抜き方

「下処理の手順」

【1】魚を水洗いして内蔵を取り除き、頭と尾を切り落として1/4の筒切りにしてください。

■ ひと口だいの煮物の場合は1/4に切り分けますが、もう少し大きくした方が盛りつけバランスが良くなるときなどは1/2や1/3の筒切りにしてください。

このあと、魚の両面を下焼きして中まで火を通してください。

秋刀魚,さんま,骨抜き,1/4,4つ切り

↓↓↓

さんま,骨抜き,秋刀魚,下ごしらえ

【2】そして、まだ温かい間に骨抜きやピンセットで、焼いた魚が骨折しないように頭側から少しずつ骨を引っ張っていただくと、簡単に骨が抜けます。

■ 骨を抜く際は、鮎の骨を抜くときと同じような感じで引き抜いていただくと抜きやすいです。

さんま,骨抜き,秋刀魚,下ごしらえ

↓↓↓

さんま,骨抜き,秋刀魚,下ごしらえ

■ 焼いたさんまが完全に冷めてしまうと身がしまって骨が抜きにくくなりますので、やけどをしない程度のまだ温かい間にすると抜きやすいです。

このあと、骨が抜けた魚を鍋に並べて酒、醤油などの煮汁を加え、煮物料理に仕上げてください。

⇒「さんまのしょうが煮の作り方

【関連】料理を美味しく作るコツ

⇒「うなぎの煮物~印籠煮の作り方

⇒「使い捨て落とし蓋を紙で作る方法

■ 煮魚の下処理方法「霜降り」につきましては⇒「魚の煮物を作るときの霜降り手順」に掲載しております。

また、霜降りの意味と効果の詳しい内容につきましては「煮物用語、豆知識集~霜降り」に掲載しておりますので参考にしてください。

注:霜降りをしたあと、うろこや血合いを取り除く場合に素手でこするとけがをする恐れがありますので、割りばしなどの道具を使うようにしてください。

【関連】

八方だしを使った煮物一覧

⇒「食材の下ごしらえ一覧

⇒「野菜の煮物レシピ一覧

⇒「魚介の煮物レシピ一覧

⇒「肉類の煮物レシピ一覧

⇒【煮物の語源、由来、雑学一覧へ

【参考】

⇒「季節別~旬の食材一覧表

⇒「煮物に役立つ飾り切り一覧

⇒「和食の調味料割合と配合一覧

⇒「料理別~煮汁の割合と配合一覧表

煮物作りにお役立てください。最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ関連記事、情報