南蛮煮(なんばんに)の語源、由来【和食の煮物 料理用語集】

南蛮煮(なんばんに)の意味

スポンサーリンク

和食の煮物、料理用語集

南蛮煮(なんばんに)とは

主になる材料をねぎと一緒に煮た料理や唐辛子を使って辛みをつけた煮物のことです。

また、材料を油で炒めたり、揚げたりしてから煮た料理も南蛮煮といいます。

ぶりのなんばんに,冬の煮物の献立鰤南蛮煮

南蛮(なんばん)とは

江戸時代に南蛮と呼ばれたオランダ、スペイン、ポルトガルなどから伝わった調理法を取り入れた料理につける総称で、ねぎ、唐辛子、油を使うのが特徴です。

そして、南蛮煮の他にも「南蛮漬け」や「南蛮椀」などがあり、なすや生ふでよく作られる「オランダ煮」も同じような意味です。

【参考】

なんばん漬けの詳しい内容につきましては≫「あじの南蛮漬けの作り方」に掲載しております。

鯵なんばん,あじの南蛮漬け

ぶりの南蛮漬けの作り方はこちらです。

調味料割合と配合一覧を見る

料理別の簡単な調味料割合一覧表へ

煮物の語源、意味、由来

【煮物の料理用語集50音一覧】今回は煮物の語源、意味、由来などを料理別50音順に整理いたしましたので、和食調理や煮物の献立の参考にされてはいかがでしょうか。■各煮物や調理法に移動いたします。

【他の料理用語集】

和食の献立用語集一覧

献立別の料理用語集まとめ

【語源、意味、由来一覧を見る】

料理の雑学、豆知識一覧

料理の語源、意味、由来50音順一覧へ

【和食の献立集】

煮物一覧を見る

季節別、旬の食材一覧表へ

煮物や他の料理に使える飾り切りにつきましては≫「和食でよく使う飾り切り方法【100選】基本手順と切り方のコツ!」に掲載しておりますので参考にされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク